主婦の借入~専業主婦に融資してくれるのは意外にも…

主婦といっても、仕事を持っていて、安定した収入がある、という人の場合は消費者金融でも問題なく借入することができます。

問題なのは「専業主婦」の場合ですね。

収入がない=借金できない

基本的に、収入がない人には消費者金融も、ましてや銀行もお金を貸したりしません。

ですが専業主婦の場合は夫の収入があるわけですね。夫の収入だって、妻が専業主婦として支えているお陰というのもありますから、夫婦二人の収入、と考えることもできるわけです。

ですので、「配偶者貸付」といって、夫の収入を返済にあてるということで、お金を借りることは法律で禁止されているわけではありません

ただ、現実問題として、専業主婦に融資してくれる消費者金融はありません

消費者金融が専業主婦に融資しない理由

なぜなら消費者金融は「総量規制」に縛られているからです。

専業主婦にお金を貸そうと思ったら、当の主婦の借金だけでなく、夫の借金も「総量規制」の計算に入れなければなりません。

たとえば夫の年収が300万円の場合。消費者金融から借りられる金額は、総量規制によって年収の3分の1までとなっていますので、「100万円」ということになりますよね。

で、すでに夫が80万円の借金をしていたら、妻は20万円しか借りることができません。

消費者金融としては、申し込みをしてきた専業主婦と、その夫、二人分の信用情報を調べないといけません。二人分の審査をしなければなりません。

しかも、法律的には借金を返す義務があるのは、借金をした当人だけです。

夫婦の場合は、生活に必要な費用をまかなう場合、「二人」に返済の義務があることになっていますが、借金をする人が「生活」のために借りるとは限りません。

ですので、夫の収入をあてにする場合、夫に「連帯保証人」になってもらわなければ、確実とはいえません。

以上のように。

総量規制に縛られている消費者金融が専業主婦に融資しようとすると、いろいろ大変なんです。

でも。

ということは?

銀行のほうがむしろ積極的

総量規制とは関係ない「銀行のカードローン」なら専業主婦でも借りられるんじゃないか?って思いますよね。

はい。これは借りることができます。

ちょっと意外ですよね。消費者金融は専業主婦に課してくれないのに。審査がより厳しいイメージのある銀行なら貸してくれるなんて。

もちろん審査はしっかりされますし、限度額も30万円前後のことが多いですが、銀行のカードローンのほうが専業主婦には可能性が大きいんです。

たとえば楽天銀行スーパーローンが有名ですよね。

楽天銀行スーパーローンは、「専業主婦専用の申し込みページ」まで用意してくれています。それを見ると「積極的なんだな」って思えます。

もちろん、限度額は最大でも50万円となっていますが、わざわざ「専業主婦専用の申し込みページ」を用意して受け付けてくれているのはうれしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする