有機農産物(オーガニック、有機栽培)と無農薬の違い

有機農産物、つまり「オーガニック」と呼ばれる農産物は有機栽培されたものですけど、じゃあ有機栽培と無農薬栽培はどう違うの?ということですね。

「無農薬」は文字通り…

無農薬栽培というのは・・・文字通り「農薬を使っていない」栽培ということです。

では有機栽培は?

これは農林水産省の資料でも説明されているとおり・・・

農林水産省資料

まず、「肥料」に関してはいわゆる「有機肥料」しか使えません。化学肥料は使えないというわけ。

では農薬は?

有機栽培で農薬を使ってよい3条件

農薬についてはこう書かれています。

「産物に急迫した又は重大な危険がある場合であって、耕種的防除、物理的防除又は生物的防除を適切に組み合わせる方法のみによってはほ場等における有害動植物を効果的に防除することができない場合にあっては、別表2に掲げる農薬のみが使用されていること」

つまり害虫退治や雑草駆除において、

・「急迫したまたは重大な危険」があって
・他の手段では解決できない場合に限り
・特定の農薬のみ使ってもいい

ということになっています。

ということは、農林水産省が認める「有機農産物」であっても、農薬を使っている可能性は、

「低いとはいえゼロではない」

ということになります。

有機栽培でも許可されている農薬一覧

ではどのような農薬なら使っていいことになっているのかということですが、これもさきほどの資料に書かれています。

除虫菊乳剤(除虫菊から抽出したもの)
デリス乳剤
デリス粉
デリス粉剤
なたね油乳剤
マシン油エアゾル
マシン油乳剤
硫黄くん煙剤
硫黄粉剤
硫黄・銅水和剤
水和硫黄剤
シイタケ菌糸体抽出物液剤
炭酸水素ナトリウム水溶剤
炭酸水素ナトリウム・銅水和剤
銅水和剤
銅粉剤
硫酸銅(ボルドー剤調製用に使用する場合に限る)
生石灰(ボルドー剤調製用に使用する場合に限る)
液化窒素剤
天敵等生物農薬及び生物農薬製剤
性フェロモン剤
誘引剤
忌避剤
クロレラ抽出物液剤
混合生薬抽出物液剤
カゼイン石灰(展着剤として使用する場合に限る)
パラフィン(展着剤として使用する場合に限る)
ワックス水和剤
二酸化炭素剤(保管施設で使用する場合に限る)
ケイソウ土剤(保管施設で使用する場合に限る)

ということなので、「農薬」と聞いて思い浮かんでくるような「毒性の強い」ものは使うことができないということのようです。

以上のような比較的危険度の低い農薬限定で、しかも他に解決手段がなく、農産物が重大な危機にひんしている時に限って・・・

オーガニック、有機農産物の栽培でも農薬の使用は許可されています。

つまりその点が「無農薬栽培」とは異なるというわけです。

農薬の心配は要らない

だからオーガニックと言っても無農薬とは限らないわけですが・・・

とはいうものの、限定された状況のみで、上記のような危険度の低い農薬のみということですので、

「有機JASマーク」

を掲げているものであれば、農薬の心配をする必要はないでしょう。

有機JASマークの条件

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする