有機農産物(オーガニック)とは~意味、定義、有機JASマークの条件

食材とか健康食品、化粧品などで「オーガニック」という言葉をよく聞きますが、

オーガニック=有機的な

という意味で、それが上記商品に使われている場合は、要するに

「有機農産物ですよ」

または

「有機栽培された原料を使っていますよ」

という意味です。

でも

「オーガニック」
「有機農産物」

というのは、勝手に商品名や商品説明で使っていいものではないんです。

これには条件があります。

「オーガニック」「有機農産物」には審査がある

条件を満たした上で、農林水産省が指定している

「有機登録認定機関」

の格付け審査に合格せねばなりません。

農林水産省が指定している機関

その審査に合格して初めて「有機JASマーク」を使うことができるようになります。

「オーガニック」を名乗るための条件

では、「有機農産物」「オーガニック」と認めてもらうにはどんな条件をクリアしなければならないのかというと・・・

このような条件です。

有機農産物の日本農林規格

はい。さすがにわかりにくいですね。^^;

ということで簡単にまとめてみましょう。

最初に「化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避けることを基本」とすると書いてあります。
だから原則として「化学肥料」「農薬」を使わないことが条件です。

そしてそれについて、「第4条」で細かく定められています。

条件の詳細

まず「土地」については、「栽培期間だけ科学肥料や農薬を使わなければいい」というわけではありません

栽培を行う前、または収穫を行う前の定められた期間、ずっと使ってはいけませんし、周りから科学肥料や農薬が飛んで来るような環境であってもいけません。

それから、その期間中、土地をほったらかしにしておくのではなく、決められた堆肥などを使うことによって、土地の生産力を維持増進しないといけません。

簡単に言うと、土地を「有機栽培用」に改良するだけでも決められた期間を守らなければならないということ。

また、その土地で使う種や苗についても、このような土地で栽培されたものでなくてはならないことになっています。

収穫後に農薬を使ってしまったり放射線を照射してしまった種や苗ではダメです。

また、遺伝子組み換えをしている種や苗もダメです。

栽培中は、害虫駆除などに農薬を用いないのが原則ですが、

「農産物に急迫した重大な危険がある場合」

で、農薬を使わなければどうしようもない場合に限って、許可されている農薬のみ用いることができます。

以上のように。

・決められた手順で土地を準備する
・決められた条件をクリアしている種や苗を使う
・栽培中は原則として農薬を使わない

こういう条件を満たした上で「有機登録認定機関」の格付け審査に合格して初めて、「オーガニック」「有機農産物」を名乗ることができ「有機JASマーク」を使うことができます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする