ボタニカルとオーガニックの違い~シャンプーや化粧品であるアレ

ボタニカル=植物の
オーガニック=有機の

という意味ですけど、さて、どちらが意味が広いでしょう・・・

ことシャンプーや化粧品に限って言うなら「ボタニカル」の方が意味が広くなります。

ボタニカル…植物由来でさえあればOK

「有機」というと植物以外にも使われる言葉ですけど、シャンプーや化粧品に使う場合は植物限定の話となるでしょうから。

「ボタニカル◯◯」

という商品名だとしたら、それは植物由来の何かを原料として使っているという意味です。植物ならなんでもいいんです。

オーガニック…国の基準がある

それに対して、商品名に

「オーガニック」
「有機栽培」

なんて入っている場合は・・・植物の中でも特殊な条件をクリアしたものだけを使っているということになります。

なぜなら、商品名として「オーガニック」とか「有機」とかつけるためには、農林水産省の定める「有機農産物の日本農林規格」で定められた条件をクリアした農産物を使っていなければならないからです。

そして「有機JASマーク」を表示してなければなりません。

で、「オーガニック」「有機農産物」を名乗るための基準ですが、基本的に化学肥料と農薬を使わずに栽培したもの、となります。

だから、「ボタニカル」は植物さえ使っていれば簡単に名乗れるけど、「オーガニック」を名乗ることは難しいというわけ。

「オーガニック」の注意点

ただ「オーガニック」で気をつけなければならないことがあります。

それは、商品名や商品説明に「オーガニック」「有機」と書くには上記のような基準をクリアしないといけないのですけど、単に「宣伝文句」として使う場合はそんな基準はないんです。

自由に使うことができます。

なので、「商品説明」なのか、単なる「宣伝文句」なのかも見極める必要があります

まあそこは「有機JASマーク」があるかないかを確認すればいいでしょう。

「植物由来」だから体に良いとは限らない

もう一つ付け加えるなら・・・

「植物由来原料」と聞くと、なんだか「体に良さそう」と反射的に思ってしまう人もいるかもしれません。

逆に「石油由来」と言われると、「体に悪い」と思ってしまうとか。

「植物」と聞くと、「緑の恵み」「自然派」とか思ってしまって、何でもかんでも体に良いように思ってしまいがちですが、毒になる植物だってたくさんあるんですよね。^^;

また、一般的には毒にはならない植物でも、アレルギーのもとになることで、特定の人にとっては毒と同じように作用することもあります

スギ花粉なんかはその代表ですね。

なので「植物由来=美容と健康に役立つ」という考え方はやめたほうがいいです。

「石油由来」でも多くの人に親しまれているもの

逆に「石油由来」だからそれが即、体に悪いとは限りません。

石油由来というと「人工的」で自然ではないので生き物の体には合わないだろうという考え方ですが・・・

でも考えてみれば石油も「元生物」です。大昔の一部が変化して、石油になったわけですから。

つまり、石油から作っているものも「自然由来」と言えてしまうわけです。

たとえば・・・「ヴァセリン」ってありますよね。肌の保湿などで使うことが多いです。

そして肌に優しいし、「これが肌に合わない」という人は少ないです。

でもヴァセリンの原料って石油なんです。

この例のように、石油由来だから即体にはよくない、という考え方も間違っているんです。

「ボタニカル」「オーガニック」「植物由来」「石油由来」と聞いて、反射的に判断するのではなく、一つ一つを見て「自分にあうかどうか」を考えていくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする