こなゆきコラーゲンの成分と飲み方~経口摂取に効果なし?

こなゆきコラーゲンは楽天市場の人気商品です。

こちらで最安値がわかります。

こなゆきコラーゲン価格一覧【楽天市場】

ちなみに、同じお店で「こなゆきマリンコラーゲン」も選ぶことができますが、「マリン」のほうが値段は1.5倍くらい高いです。

マリンの方は何が違うのかというと、原料に「鮭の皮」を使っている点です。

こなゆきコラーゲンの成分

さて、成分ですが、こなゆきコラーゲンは、コラーゲンペプチド100%となっています。

気になるのは「コラーゲン」ではなく、コラーゲン「ペプチド」と言っているところでしょうか。

コラーゲンは完全に分解するとアミノ酸になりますが、ペプチドというのはアミノ酸がいくつかつながったものです。

つまり、コラーゲンを完全には分解せず、吸収しやすい形にしたものがコラーゲンペプチドです。

飲み方

次に、こなゆきコラーゲンの飲み方ですけど、こなゆきコラーゲンはパウダー状で、何にでも溶けますので、飲み物に混ぜて飲むのが一般的です。

こなゆきコラーゲン自体には味も香りもありませんので、何にでも入れることができます。

個人的には、飲み物以外のいろいろな料理に入れることで、コラーゲンたっぷりの料理にするのもいいと思います。

さてでは。

効果はどうなの?

気になる「効果」ですが。

「コラーゲンを経口摂取しても意味がないでしょ」

という話を聞いたことがある人も多いと思います。

その根拠は、

「消化されてしまったら全部アミノ酸になるから、コラーゲンを食べても意味がない」

というものです。

一時期これは「常識」とまで言われていましたが、その後の研究で、

「コラーゲンを食べることに意味がある」

という結果はいくつか得られています

どういう結果かといいますと・・・

・肌の弾力性や保水性の改善
・骨量増加
・関節炎の緩和
・腱のコラーゲン繊維の増加
・毛髪の成長
・血圧抑制

などです。

ただ、多くは「動物実験」のレベルで、人間を対象とした実験は、まだ十分な件数がそろっていないようです。

それでも、例えば肌に対する効果は。日本でも数件ですが「二重盲検法」という厳密な試験方法で結果が得られているようです。

二重盲検法とは

二重盲検法というのは・・・

まず、被験者を2グループに分けますよね。で、一方にはコラーゲンを、もう一方にはプラセボ(偽薬)=ニセモノを飲んでもらいます。

これはもちろん、誰がどっちのグループかはわからないようにします。

これは普通の「盲検法」ですね。自分がコラーゲンを飲んでいるのか、それともニセモノを飲んでいるのかわからない状態。

「二重盲検」の場合は、もう一つ、観察する側も、試験が終わるまでは誰がどちらを飲んでいるのかわからない状態にしておきます。

こうすることで、被験者の思い込みや観察者の先入観を排除するわけです。

で、まあ、コラーゲンについても、こういう厳密なやり方で、「肌に何らかの効果がある」という結果が出たものが、日本だけで数件あるということ。

でもまだそれだけの件数では、事例としては少ないというわけですね。もっと多くの研究結果が待たれます。

効果があるとすればどういう仕組なのか?

では。もし、

「全部消化されてアミノ酸になるんだから意味がない」

というわけではない、としたら・・・

どういうメカニズムで口から摂取したコラーゲンが影響を持つのでしょうか?

一つは「ペプチド」が考えられます。

コラーゲンペプチドの中には、コラーゲンの合成を促進するペプチドもある、という研究結果があります。

これは経口摂取ではなく、培養細胞に対する実験なんですけどね。

それでもコラーゲンの合成を促進するペプチドがあるなら、ペプチドのまま吸収されれば、体の中でコラーゲン合成に役立ってくれるのではないか、と考えられます。

また、コラーゲンを合成するには「プロリン」というアミノ酸がたくさん必要です。

それでこのプロリンですが、コラーゲンほどたくさんのプロリンを含むタンパク質は他にないんです。

プロリンが不足すると、コラーゲン合成のスピードは落ちてしまいます。

だから、コラーゲンを食べることで、プロリンをたくさん吸収することができ、それが体内でコラーゲン合成の助けになる、ということも考えられます。

思えば当然で、コラーゲンをたくさん食べれば、それが分解されたとしても「コラーゲンの材料」はたくさん摂取できることになるわけですね。

以上のことを考えると、十分「期待」はできるのですが、何せまだまだ研究結果が少ないようですので、これからの研究に期待するとしましょう。

こなゆきコラーゲン価格一覧【楽天市場】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする