龍神温泉 日本三大美人湯と宿、アクセス

紀伊半島に流れる日高川沿いに位置する龍神温泉は、群馬県の川中温泉、島根県の湯の川温泉と並んで、日本三大美人湯のひとつとされ多くの女性客が訪れる温泉スポットです。

アルカリ性の湯は汚れた皮脂を落とし、肝機能も活発にしてくれるので、素肌だけでなく、体の内側からうるおいを与えてくれるといわれています。

山に囲まれ木々の香りと川のせせらぎが響く自然の恵み豊かな温泉郷で、時の流れを忘れ静かにのんびりと過ごせます。

山間の街道は四季折々の彩りを魅せる自然に包まれ、散策、そぞろ歩きをするのにはぴったりです。

そんな自然豊かな龍神温泉郷には、絶景を楽しみながらゆっくり安らげる温泉が日高川に沿って点在しています。

龍神温泉へのアクセス

龍神温泉への行き方ですが・・・

新幹線を使う場合、まず新大阪まで行きます。

新大阪から、JRまたは御堂筋線で天王寺駅へ。

天王寺駅からJRきのくに線(紀勢本線)スーパーくろしおで南部駅または紀伊田辺駅へ。

そこから「龍神バス」に乗ると龍神温泉にたどり着きます。

新大阪→天王寺→南部または紀伊田辺→龍神バス→龍神温泉

和歌山駅から行く場合は少々乗り換えが多くなります。

まず和歌山駅から、JR和歌山線で橋本駅へ。

橋本駅から南海高野線で極楽橋駅へ。

そこから高野山ケーブルで高野山へ。

高野山から南海りんかいバスで護摩壇山へ、護摩壇山から龍神バスです。

和歌山→橋本→極楽橋→高野山→南海りんかいバス→護摩壇山→龍神バス→龍神温泉

季楽里龍神

「季楽里龍神」は美人湯の龍神温泉ならではの肌に優しいお湯で、露天風呂では眼下に流れる日高川のせせらぎを聞きながら、のんびりと安らぎを感じて湯に浸かることができます。

季楽里龍神
和歌山県田辺市龍神村189
営業時間 11:00~20:00
料金 大人600円 小人300円
年中無休

元湯

元湯(もとゆ)は日高川を取り巻く自然を眺望できる内湯が自慢で、ひのき風呂と石風呂が順番に楽しめます。

露天風呂では、絵に描いたような杉並木の美しい山々が一望できます。自然の安らぎをたっぷり与えてくれる温泉です。

元湯
和歌山県田辺市龍神村龍神37
営業時間 7:00~21:00※6月~9月は6:00~21:00
料金 大人600円 小人300円
年中無休

丹生ヤマセミ温泉館

丹生ヤマセミ温泉館は「紀州の奥座敷」と呼ばれ、檜の木肌と和風照明で和みの雰囲気を活かした内湯と、日高川に面した山峡とその渓流を望む岩の露天風呂のある温泉館で、20畳ほどの休憩広間もあり湯上りにも彩り豊かな景色がゆっくり楽しめます。

アルカリ性の高いお湯は、しっとりと柔らかく、化粧水と同じ効果があるといわれてます。お湯から上がる際に掛け湯をすると一層効果があるそうです。

丹生ヤマセミ温泉館
和歌山県田辺市龍神村丹生ノ川275-2
営業時間 10:00~20:00
料金 大人600円 小人300円
定休日 毎週火曜日

温泉以外の観光スポット

温泉の他には弘法大師が開湯の折に瑠璃光薬師如来(るりこうやくしにょらい)を安置した草庵が起源とされる温泉寺や、尊皇攘夷を訴え挙兵した天誅組の志士8人が幽閉されたとされる天誅倉といった史跡もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする