【善玉菌の増やし方】口内環境は細菌(LS1菌)が改善?~食品、タブレット、歯磨きの影響【口内フローラと歯周病、口臭】

今回はこういうもので・・・

乳酸菌LS1

口内善玉菌を増やすことが大事だということを書いていきたいと思います。

歯周病とか虫歯とか口臭とか口内炎とか・・・口内環境の悩みはいろいろあります。

その原因はいろいろ考えられるのですが、大きな要因の一つとして「口内細菌」が挙げられます。

細菌って聞くと・・・「歯周病になるの?」「歯槽膿漏になるの?」と思ってしまいがちです。

殺菌すればいいというものではない

それで、マウスウォッシュを使ったりして、口の中をせっせと殺菌したりするわけですよね。

でもこれ・・・半分正しいですが、半分は間違っています。

なぜかというと、口内細菌と言っても、腸内と同じで、

善玉菌
悪玉菌

が存在するから。この、口の中の細菌をまとめて「口内フローラ」「口腔内フローラ」と呼んだりもします。

口内で悪玉菌が増えると、歯周病や虫歯、口内炎が起こりやすくなります。

そして口臭もひどくなってしまいます。

歯磨きでもマウスウォッシュでも善玉菌は減る

「しっかり歯磨きもして、リステリンも使ってるのに…」
「それなのに息が臭いと言われる…」

そういう場合は、口内悪玉菌が増殖していると考えられます。

殺菌によって善玉菌も悪玉菌も減るけど、悪玉菌の増殖のほうが速いから結果として以前より悪玉菌の割合が高くなっている、と考えられます。

逆に善玉菌が増えてくれれば、悪玉菌をやっつけてくれますので、そういう困ったことは減るということになります。

なので、悪玉菌を減らすのはいいのですけど、善玉菌まで殺菌してしまうのは間違っているということです。

「じゃあ歯磨きはどうなの?」

ということになりますけど、歯磨き粉も、善玉菌と悪玉菌を区別することはできません。どちらも殺菌してしまいます。

歯磨きをしないわけにはいかない…どうすれば?

かといって・・・歯磨きをしないわけにはいかない。^^;

「じゃあどうすればいいの?」

ということになりますけど・・・悪玉菌を減らすと同時に、減ってしまった口内善玉菌を増やすようにすればいいということになります。

まず、悪玉菌を減らすためには、歯磨きはもちろん重要です。

「善玉菌も殺菌してしまうから」

という理由で、歯磨きをしない、というわけにはいきません。^^;

乾燥で悪玉菌が増える

あと、「口の中を乾燥させない」というのも大事です。口の中を乾燥させると、悪玉菌が増えやすくなってしまいます

口の中が乾いている時、

「息が臭い!」

と感じたことがあるはずです。

だから「いつも口を開けている」というのは改めるべきなんです。

善玉菌を増やすのは食事では難しい

次に、善玉菌の増やし方ですけど、口内善玉菌も、腸内善玉菌と同じで「乳酸菌」が多いんです。

となると「何か食事で増やしたい」と思うところですが・・・これって難しいですよね。
だって、何か食べて、歯磨きもせずほったらかしにしていたら、虫歯や歯周病になってしまいそうです。

たとえば、乳酸菌がいいからって、寝る前にヨーグルトを食べて、そのまま歯磨きもせず・・・って、流石に無理ですよね?

口臭とか、ひどいことになりそうです。

ではどうすればいいのか?

タブレットを利用してみる

歯磨きした後に口に含んでも、虫歯や歯周病の原因にならないものを使えばいいということになります。

つまり、口内善玉菌を増やすことを目的に作られたタブレット、サプリです。

たとえばこういうもの。

乳酸菌LS1

LS1菌とは

LS1という乳酸菌、正式にはLactobacillus salivarius TI2711(ラクトバシルス・サリバリウスTI2711)といいますが、これ、元々私たちの口の中にいる善玉菌です。

このLS1ですが、

「東海大学医学部感染症研究室 古賀泰裕教授のグループにより健康なヒトの口腔内から分離された乳酸菌」(Wikipediaより)

で、実験によっていろいろな結果が確かめられています。

培養液中での実験

まず、培養液中での観察ですが、歯周病菌を殺菌する効果が確かめられています。

2つの培養液に歯周病菌を分けて、一方にだけLS1を加えてみたところ・・・

LS1を加えない方の歯周病菌は増えました。

LS1を加えた方は歯周病菌は激減し、種類によってはほぼゼロとなってしまいました。

つまり、乳酸菌LS1が歯周病菌と戦ってやっつけた、ということですね。

次に、歯周病菌ではなく、虫歯菌として有名な「ミュータンス菌」で同様の実験をしてみました。

そうしたところ、ミュータンス菌自体を減らすことはできませんでした。

ところが、ミュータンス菌が生み出す「不溶性グルカン」という物質は激減していました。

不溶性グルカンというのは虫歯の原因になる物質です。これが歯にくっつくと、そこに細菌が集まって「酸」を作り出し、歯を溶かして虫歯ができます。

LS1によってその不溶性グルカンの酸性を抑えることができた、というわけですね。

人を対象とした実験

ここまでは培養液中の実験ですが、もちろん「ヒト」を対象とした実験もあります。

乳酸菌LS1を実際に服用し続けてもらって、変化を観察したということです。

まず、4週間、LS1を飲み続けてもらって、口内細菌の変化を観察しました。

そうしたところ、歯周病菌に限って見ると、その数が20分の1まで減少していました。

一方、他の善玉菌がLS1によって減らされる、ということはありませんでした。

次に、虫歯の原因物質「不溶性グルカン」ですが、これも、培養液中での実験同様、口の中でも減っていることが確かめられました。

こちらは8週間の服用で、半分以下にまで減りました。

口臭に関しても調査されました。

これは学者さんが臭いを嗅いでみて主観的に判断する・・・のではなく(笑)、口臭測定装置を使って調べられました。

装置によって「口臭がある」と判定された人に8週間、LS1を服用し続けてもらったところ、全体として口臭は減り、3分の2の人は装置によって「口臭なし」と判定されるまでになりました

以上のごとく、実験ではいろいろな結果が確認されています。

乳酸菌LS1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする