下鴨神社の葵祭り

下鴨神社は古代の豪族加茂氏の氏神社で、正式名称は「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」といい、京都で最古の神社とされています。

最近ではパワースポットとしての人気も高いですね。

下鴨神社と葵祭

広大な境内を囲む森は「糺(ただす)の森」と呼ばれ、原生林の自然が残り世界遺産の一部にもなっています。

55棟からなる社殿はすべて国の重要文化財になっていて、三間社造りの東西2棟の本殿は国宝とされています。

毎年5月15日には「祇園祭」「時代祭」と並ぶ京都三大祭のひとつ「葵祭」が上加茂神社と共催で行われます。

平安時代の装束を身にまとった行列が京都御所から下鴨神社を経て、上加茂神社へ向かう光景がみられます。

葵祭以外にも1月4日の「蹴鞠始め」5月3日の「流縞馬」など多くの行事が行われたくさんの観光客や地元の人たちが訪れます。

下鴨神社
京都市左京区下鴨泉川町59
拝観時間 本殿6:00~18:00
その他社殿 10:00~16:00
※季節により変動があります
拝観料金 大人500円 小・中学生250円
年中無休

上賀茂神社

下鴨神社と同様に豪族加茂氏の氏神社で、京都最古の神社のひとつとされているのが上加茂神社です。正式名称は「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」といいます。

本殿と権殿は国宝とされていて、社殿の多くが国の重要文化財に指定されています。境内にある円錐形の立砂は京都でも特徴のある砂盛のひとつで、神様が降臨した「神山(こうやま)」を表わしています。

上加茂神社の鳥居前から明神川に沿って古い神官の家が連なっていて、京都らしい風情を味わいながら散策できます。

上加茂神社
京都市北区上賀茂本山339
拝観時間 10:00~16:00
※土日祝は10:00~16:30
拝観料金 無料
本殿・権殿は500円
年中無休

京都府立植物園

下鴨神社のある北山地区周辺は神社や寺院の他に、日本最大級の規模を誇る「京都府立植物園」があります。

1924年(大正13年)に開園、約1万2千種、合計12万本もの植物が植えられ、春の梅や桜から、秋の紅葉など四季折々の植物が観覧できます。神社やお寺巡りのちょっとした息抜きにはいいかもしれません。

京都府立植物園
京都府京都市左京区下鴨半木町
開園時間 9:00~17:00
温室観覧 10:00~16:00
入園料金 大人200円 高校生150円 小・中学生80円
※温室観覧には別途同額が必要
休日 12月28日~1月4日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする