還元型コエンザイムQ10と酸化型コエンザイムQ10の効果の違い

コエンザイムQ10は体内でのエネルギー生成と
抗酸化のためになくてはならない物質ということでした。

どちらも、病気や老化の防止にとって大切なことです。

それで、サプリメントなどでコエンザイムQ10を
摂取しようという人も多いはずです。

効果の出やすいものと出にくいもの

ですが実は、同じコエンザイムQ10でも、
効果の出やすいものと出にくいものがあるんです。

効果の出やすいほうを還元型コエンザイムQ10といい
出にくいほうを酸化型コエンザイムQ10といいます。

どうちがうのかというと、名前のとおり、
還元型が酸化すると酸化型コエンザイムQ10となるという
単純な話なのですが・・・

体内で働いているのは還元型コエンザイムQ10

効果が違うというのは、
体内で働いているコエンザイムQ10というのは
還元型だからです。

酸化型をサプリメントで摂取した場合は、
一度それを還元型に変換しなければ
体内で利用できないんです。

ところが高齢になると、酸化型コエンザイムQ10を
還元型に変換する力が衰えてくるんですね。

老化防止のためにコエンザイムQ10を摂取しているのに
体内で活用できないということになってしまいます。

酸化型コエンザイムQ10が用いられた理由

でも従来のコエンザイムQ10サプリメントは、
酸化型を使ったものが多かったんですね。

なぜ効果の出にくいほうが多く用いられたのか?

それには理由があります。

・・・といっても大した理由ではありません。
誤解されていたんですね。

体内のコエンザイムQ10の量を測定するときに
血液から取り出すわけですけど、
その過程でコエンザイムQ10が酸化してしまっていたわけです。

それで、測定結果として
酸化型コエンザイムQ10がたくさん出てくるものだから、

「ああ、体内では酸化型コエンザイムQ10が働いているんだな」

と思われてしまったわけですね。

その結果、サプリメントでも酸化型が用いられるようになりました。

でも最近は、体内で働くのは還元型だと知られるようになりましたので
サプリメントでも還元型コエンザイムQ10を用いたものが
増えています。

サプリメントを選ぶ際にはぜひ還元型のものを選びたいところですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする