活性酸素とコエンザイムQ10の抗酸化作用・酸化還元作用

コエンザイムQ10も抗酸化作用があるのですが、
コエンザイムQ10は抗酸化物質として有名なポリフェノールではなく
私たちの体にもともと存在している補酵素です。

酵素? 補酵素?

ちなみに、「酵素」というのは化学反応を
進めるための物質ですが、「補酵素」は
その酵素を助ける物質です。

で、コエンザイムQ10は補酵素なんですけど、
抗酸化力があるんですね。

ビタミンCのライバル?

まず、コエンザイムQ10自体に抗酸化力があります。

ビタミンCって、抗酸化物質として有名ですが水溶性ですよね。
ですので脂質中の活性酸素を除去するのは得意ではありません。

それに対して、コエンザイムQ10は脂溶性ですので、
脂質中の活性酸素を除去するのが得意なんです。

水に対してはビタミンC、油に対してはコエンザイムQ10と
仕事を分担しているわけですね。

ビタミンEの保護者?

でもコエンザイムQ10にはもう一つ、
抗酸化作用に関して大事な役割があります。

ビタミンEは強力な抗酸化物質ですが、
活性酸素を捉えてしまうと今度はビタミンE自体が酸化物質となり、
周りにある脂質を酸化させてしまいます。

ビタミンEだけでは仕事ができないんです。

そこでここにコエンザイムQ10がやってきて、
ビタミンEを元の正常なものに還元してくれます。

ですので、ビタミンEが強力な抗酸化物質として働くためには
コエンザイムQ10の助けが必要だということですね。

ちなみにビタミンCも、ビタミンEの酸化を還元する作用があります。

ということで、コエンザイムQ10は、
こと抗酸化に関しては、ビタミンCと同様の働きをする、
ただし油担当、ということになります。

東大での実験結果

ではコエンザイムQ10の抗酸化作用が、
どれくらいアンチエイジングに効果があるのかということですが・・・

これはまだ、動物実験の結果しかありません。

東京大学での実験ですが、コエンザイムQ10をマウスに与えることで
老人性難聴が予防できたという実験結果があります。

ということですので、人間の老化防止についても
期待を持ってよさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする