天満 天神橋筋商店街で食べ歩き

大阪梅田の「キタ」地区から南側に足を伸ばしたところが天満。この辺りは商店街や骨董屋街などが続く、大阪の下町風情が溢れる地域です。

江戸時代、学問の神様菅原道真を祀る「大阪天満宮」の門前町として栄えたのが始まりで、明治時代に入ってから商店街として発展してきました。

日本一長いアーケード商店街

ここに日本一の長さを誇る商店街「天神橋筋商店街」があります。

天神橋1丁目~7丁目までの全長2.6kmの長さで、歩くと約40分ほどかかります。

商店街の入口上部に飾られている大きなお迎え人形が目印になっていますので、すぐにわかります。

omukaeningyou

アーケードの中に入ると、懐かしさを感じさせる昔ながらの大衆食堂や、お惣菜屋、和菓子屋、刃物屋、お茶屋、豆腐屋、コロッケ店などの商店が約600店連なっています。

大阪くらしの今昔館

天神橋6丁目にある「大阪くらしの今昔館」では、江戸時代から昭和時代までのこの町の様子が再現されていて大阪の町の移り変わりが手に取るようにわかります。

天神祭り

毎年7月24・25日に行われる「天神祭り」にはこの商店街にも神輿が練り歩き、露店や見世物で賑わいます。

天神橋筋商店街
地下鉄堺筋線「扇町駅」「天神橋筋6丁目駅」「南森町駅」
JR大阪環状線「天満駅」下車すぐ

満歩状

日本一長いアーケード街ということで、これを利用して何か面白い呼び物はないかということで考え出されたのが「満歩状」です。

これは、天神橋筋商店街2600メートルを、端から端まで歩ききった人に送られる証明書のようなものですね。

2600メートル歩くと、だいたい1万歩になるそうで、それで「満歩状(まんぽじょう)」と名付けられました。

天神橋筋商店街の両端にあたるお店にスタンプがあって、それを2つとも押すと、「満歩状」が贈られます。

観光できたときなどは、記念として手に入れておくのがいいのではないでしょうか。

老松通り

天神橋筋商店街のすぐ西側には「老松通り」があり、そこには約80軒の骨董品店や画廊などが軒を連ねていて東洋・西洋の逸品が揃っています。

通りの雰囲気も懐かしさと趣きがあり、骨董ファンだけでなく昔ながらの町の雰囲気を味わう人たちが散策にやってきます。

老松通り
JR東西線「北新地駅」
地下鉄・京阪「淀屋橋駅」
地下鉄・阪神「梅田駅」下車

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする