スピルリナの意外な効果~飲む日焼け止め、紫外線対策、美肌サプリとして

スピルリナは天然のマルチサプリといえるほど多様な栄養を含んでいて、美容や健康に役立ってくれて何の不思議もないという話を以前書きました。

スピルリナとは~成分、栄養、効果、クロレラやユーグレナとは違うの?

今回はスピルリナが「飲む日焼け止め」「紫外線対策」として役立つのではないかという話です。

スピルリナは紫外線から肌を守ってくれるのか?実験

これについては神戸大学大学院で実験が行われています。

神戸大学大学院での実験

マウスを使った実験ですので、人間を対象にしたものと比べるとエビデンスレベルは低いのですが、その分、人間対象ではできないような実験になっています。

エビデンスレベルとは

実験用のマウスを2グープに分けて、一方にはスピルリナを10%加えたエサ、他方には普通のエサを与え続けます。

グループA・・・スピルリナ10%を含むエサ
グループB・・・普通のエサ

そして、どちらのマウスも毛を剃ってしまって、紫外線をずっと当て続けます。

これでマウスの皮膚がどうなるか、観察したわけです。

その結果、どうなったか。

皮膚の炎症は防げたか?

まず、肌の炎症がどれくらい起こるか観察されました。人間でも、紫外線に当たると肌が真っ赤になったりしますね。あれです。

結果としては、スピルリナを食べ続けたマウスのほうが、紫外線による肌の炎症が抑制されることがわかりました。

肌の「紅斑反応」、つまりどれくらい赤くなるかが観察されたのですけど、72時間紫外線B波を当て続けた結果

4割程度

グループAのほうが紅斑反応が抑えられる結果となりました。

皮膚がんは防げたか?

次に、紫外線に当たり続けると、皮膚がんの危険が増すわけですが、それについても観察されました。

こちらでも大きな差が見られました。

45週間も(!)紫外線を当て続けたところ、スピルリナを食べていないマウスは100%皮膚がんになってしまいました。

ところが、スピルリナを毎日食べ続けたマウスは、4割程度しか皮膚がんになりませんでした

こちらは6割も減っているわけで・・・すごい結果ですね。

紫外線から守ってくれるだけでなく…

皮膚の炎症の結果を見ても、皮膚がんの結果を見ても、スピルリナによって、紫外線から肌が守られたと推測せざるを得ない結果となっています。

ですのでスピルリナは天然の「飲む日焼け止め」「美肌サプリ」と考えてもいいのではないでしょうか。

もちろん、紫外線から守ってくれるだけでなく、多様な栄養が肌細胞の新陳代謝を支えてくれるでしょうし、

また、食物繊維を含むことで、「美腸」にも役立ちますから、その点でも美肌に役立ってくれるでしょう。

多くの点で期待できるのがスピルリナなんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする