トリアレーザー脱毛器で毛穴の炎症(毛嚢炎、毛包炎)が起こる?

毛嚢炎(もうのうえん)、または毛包炎(もうほうえん)というのは、毛穴に雑菌が入って炎症が起こったものです。

トリアでレーザー脱毛をした場合、この毛嚢炎または毛包炎・・・いや、毛嚢炎に統一しましょう・・・毛嚢炎が起こることがあるとのこと。

それで、私もトリアを使っているのですけど・・・毛嚢炎は起こったのか?起こらなかったのか?

ワキとスネで全然違った

腋の下の場合、一箇所しか毛嚢炎は起こりませんでした。

ところが毛嚢炎が頻発した部分があるんです。

どこかというと・・・脚、特にスネです。

なぜ、ワキには一箇所しか毛嚢炎が起こらなくて、スネにはたくさん起こったのか?

毛嚢炎は毛穴に雑菌が入って起こる、ということでしたが、雑菌という点では、ワキのほうが多そうですよね。蒸れる場所だし。

いや、私は毎日シャワーを浴びて、石鹸ですみずみまで洗っていますので、清潔さには自信ありますよ?(笑)強調しておきますけど。

でも、雑菌の多さを、ワキとスネで比べると、ワキのほうが多そうですよね? 蒸れてるぶん。

それなのに、毛嚢炎はスネで頻発したと。ワキは一箇所だけなので、ほとんど起こらなかったと言ってもいいですね。

これはなぜなんだということです。

なぜスネに毛包炎が頻発したのか?

思い出してみると・・・

スネの毛は、レーザーを当てたあと、毛抜きで頻繁に抜いていました。^^;

あの、レーザーが効いた毛って、毛抜きで引っ張ると「スルッ」と抜けるんですよ。

「スルッ」と抜ける毛もあるし、ちょっとだけ抵抗して「ズボッ」という感じで抜けるのもあります。^^;

で、抜いても痛くない。

どっちにしても、それが快感で、抜きまくっていたわけです。

そうするとどうしても、「まだレーザーが効ききっていない毛」も勢いで抜いてしまったりするんですよね。

いや、レーザーが効いたとしても、まだ皮膚にがっちりくっついているものも多いんです。

そういうのを無理に抜きまくったせいで、毛穴が傷ついて毛嚢炎になったんじゃないかと推測します。

スネは毛抜きで毛を抜きまくったのが悪かったんだと。

それに対してワキって・・・毛抜きで毛を抜くの、難しいんですよね。だからレーザーを当てたあとは放っておきました。

その結果、毛嚢炎もほとんど起こらなかったんじゃないかと。

結論

だから結論としては・・・レーザー自体でも、毛穴の炎症は起こるのでしょうけど、それは少ないと考えられます。

レーザーを当てたあとのケアですね、大事なのは。

そのタイミングで、毛を抜きまくったりすると、毛穴が傷ついて毛嚢炎が起こりやすくなるんじゃないかな、というのが結論です。

毛嚢炎は治るの?

さて。

できてしまった毛嚢炎はどうすればいいのかということになりますが、ほとんどの場合、放っておけば治るようです。

ワキの毛嚢炎はもう消えてしまいましたし。

でも心配なら、皮膚科に行ってみてもらうのがいいと思いますよ。そのほうが安心できるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする