新型アイコス加熱タバコ【まとめ】種類、におい、吸える回数、充電時間、電子タバコとの違い、そして新作

まず「アイコス(IQOS)って何?」というところから始めましょう。

電子タバコとの違い

アイコスというのは「加熱タバコ」で、昔からあった「電子タバコ」とは違うものです。

まあ広い意味では「同じだよ」という人もいるかもしれませんが。^^;

電子タバコは普通、「リキッド」つまり液体を使います。液体を加熱して、その蒸気を吸い込むというものです。

アイコスは加熱タバコですが、こちらは「煙草の葉」を加熱して、タバコの風味を吸おう、というものです。

無害?

それで従来の「タバコ」、火をつけて吸うものですね、あれに比べると、有害成分が9割減、また、部屋の空気は汚さない、と発表されています。

9割減、ということですので、ゼロになるわけではないです。

「健康に良い」なんて宣伝している人もいますが、健康によいわけではありません

吸えば吸うほど健康になるとか、そんな馬鹿なことはありません。(笑)

あくまで「普通のタバコよりはるかにマシ」ということです。吸わないに越したことはありません。

ただ、従来のタバコに比べ、健康への悪影響が少ないのは確実です。

「におい」はないの?

「従来のタバコほど部屋の空気を汚さない」ということですが、「におい」はどうかというと、これは「あります」。

もちろん、従来のタバコほどのにおいではないので、喫煙者からすれば、

「においがなくていいよね」

となるかもしれませんけど、もともと吸っていない人からすると、やはりにおいはわかります

「焼き芋みたい」「ポップコーンみたい」といろいろ言う人がいます。これだけ聞くと「良い香り」のように思うかもしれませんが、「嫌なにおい」という感想を持つ人もいます。

なのでそこは、油断しないほうがいいです。タバコほどではないにしろ、なにか、においを消す工夫が必要でしょう。

アイコスの基本的な使い方

次に、アイコスの使い方ですが、これは簡単です。

まず、ポケットチャージャーに前もって充電しておきます。これに90分かかります。

ポケットチャージャーというのはアイコス本体の充電器兼ケースです。

それからアイコス本体をポケットチャージャーに入れて充電、という手順となります。。

こちらの充電時間は何時間もかかるわけではなく、旧アイコスで5分程度、新型アイコスだと4分弱です。

それから「ヒートスティック」と呼ばれる、タバコ葉を詰めたスティックを本体に差し込みます

そして本体をスイッチオンしてヒートスティックを加熱したら、あとは吸うだけ、ということになります。

一本だいたい14回吸うと終わりです。また吸おうが吸うまいが、6分たつと終了です。

吸い終わったらまた、ポケットチャージャーに入れて充電しておきます。

ヒートスティックの種類

次にアイコスの「種類」ですが、種類には「本体の種類」と「ヒートスティックの種類」があります。

先にヒートスティックの方から見ましょう。

ヒートスティックの種類というのは「風味(フレーバー)の違い」のことです。

従来からあるフレーバーは、

・レギュラー
・メンソール
・ミント
・バランスドレギュラー

の4種類。レギュラーが最も「タバコっぽい」と言われているもので、バランスドレギュラーはそれを「ライト」にしたもの。

次に、新作フレーバーですが、

・パープルメンソール
・スムースレギュラー

の2種類があります。

スムースレギュラーは、バランスドレギュラーをさらに軽く吸いやすくしたもの。

パープルメンソールはフルーティな香りが強いもので女性には好まれそうです。

さて次に。

アイコス本体の種類~新型と旧型の違い

本体の種類ですね。^^

これは新型と旧型があります。

本体の方は、ヒートスティックのように好みで選べばいいといいというものではなく、新型を選んでおくべきです。

旧型の欠点が改善されていますので。

改善点として大きいのは次の5つです。

・充電時間
・加熱ブレード
・ポケットチャージャーのフタ
・LEDの視認性
・バイブレーション機能

充電時間

一つ目の充電時間ですが、旧アイコスは、公称値では6分、実測は5分前後でした。

ところが新アイコスは実測値が4分前後となっています。1分程度の違いですが、「すぐに吸いたい!」という時には助かる改善だと思います。

加熱ブレード

二つ目、加熱ブレードの改善。

こちらはセラミックコーティングが強化されて、ブレード自体が丈夫になりました。

丈夫になっただけでなく、旧型よりスティックの抜き差しがスムーズにできるようになり、かつ汚れにくくなりました。

汚れにくくなったということで、ポケットチャージャーの加熱クリーニングボタンはなくなり、かわりにリセットボタンが設置されました。

ポケットチャージャー

三つ目のポケットチャージャーーのフタですけど、これ、旧型では壊れて閉まらなくなることが多かったんです。

「閉まらないくらいいいんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、きっちり閉まらないと、アイコスの充電が始まりません

だから旧型ではゴムバンドで無理やり閉めている人も多いんです。

そのフタが改善され、壊れにくくなりました

LED

4つ目のLEDの視認性というのは、旧型では光の当たりようによっては、

「え? これついてるの?」

という感じだったのですが、それが白色LEDとなって、点灯していることがはっきりと分かるようになりました。

バイブレーション機能

それに加えて5つ目のバイブレーションです。LEDでいちいち確かめなくても、スイッチオンの時と、残り時間30秒のタイミングで振動してくれるようになりました。

終了時間が「アイコスをくわえている状態でもわかる」というわけですね。

カラー

その他の変化点はカラーですけど、これは改善というほどのものでもないでしょう。

基本カラーは、白とネイビーの2色。ただ新型ではボタン部分が金色になっています。

基本カラーはもっと増やしてほしいところですね。

アイコスの買い方

最後に、アイコスの買い方。

これは公式サイトかコンビニで買うのが一般的です。

定価はアイコス本体が税込9980円。ヒートスティックが一箱460円となっています。

ただそれだと在庫切れとかで手に入りにくいこともあります。

その場合は楽天市場やアマゾンでも買えますが、価格は少し高くなります。現状、定価より2割程度高くなっているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする