秩父温泉への行き方と宿・日帰り温泉

秩父や長瀞と言いますと温泉もいろいろあるのですが東京に住んでいる人から見れば日帰り温泉に行くにはぴったりの場所と言えますね。近いですから。

秩父への行き方

秩父への行き方は簡単です。西武池袋線で飯能駅まで行きます。そこから西武池袋線の西武秩父行きに乗り換えます。これで西武秩父まで行くと、池袋からだいたい2時間くらい。

池袋からレッドアロー号の特急西武秩父行きに乗ると、1時間半程度で西武秩父までいけます。

四季彩の湯

まず秩父の温泉として有名なのが「四季彩乃湯」というところです。「四季彩乃湯」という温泉は埼玉県秩父市にありますナチュラルファームシティ農園ホテルで入浴することができます。

日帰り温泉もいいですがナチュラルファームシティ農園ホテルにゆっくり宿泊して料理や温泉を楽しむというのもいいでしょう。展望大浴場や露天風呂などながめがすばらしい場所です。

またナチュラルファームシティ農園ホテルはその名前の通り近くに農園と果樹園があります。季節によっていろいろなものを収穫することを体験できます。ぶどう狩りとか芋掘りなんてどうでしょうか。

不動の湯、満願の湯

次に「不動の湯温泉」の案内をしてみましょう。「不動の湯温泉」は不動明王がその場所を教えてくれたという伝説があります。

この温泉も埼玉県秩父市にありまして西武秩父線で行くことができますね。「不動の湯」という旅館が駅まで送迎してくれます。

秩父温泉「満願の湯」というところも有名ですね。

この温泉には秩父鉄道の皆野駅からバスやタクシーを利用して行くことができます。この温泉の源泉は秩父札所34番日澤山水潜寺地下深くから湧き出しているということです。

新木鉱泉、和銅鉱泉

「新木鉱泉(あらきこうせん)」という温泉も有名です。秩父四番札所、金昌寺の近くにありまして、秩父七湯の一つに数えられています。

西武秩父駅からバスに乗って20分くらいのところです。新木鉱泉旅館というところで入浴することができます。

「和銅鉱泉」という温泉もあるのですが和銅といいますと学校の歴史で習ったような気がしますね。

大和時代の終わりに元明天皇が貨幣を作らせたなんて話がありました。それは埼玉県のこの地で日本で初めて銅坑が見つかったからだと言われています。和銅遺跡の近くにある温泉です。

奥秩父温泉郷

奥秩父温泉郷というのも聞いたことがあるかもしれません。埼玉県秩父市から三峰山へは荒川沿いに国道140号線と秩父鉄道が走っています。

それに沿って日野温泉、白久温泉、柴原温泉、鳩の湯などが点在していますがこれらをまとめて奥秩父温泉郷と呼びます。秩父鉄道の武州日野駅または白久駅から徒歩またはバスやタクシーで行くことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする