長瀞観光、交通アクセス~ライン下り、カヤック、ラフティング川下りも

長瀞(ながとろ)というのは埼玉県の長瀞町のことですが、長瀞って漢字、私ははじめ読めませんでしたよ。長瀞と書いて「ながとろ」と読むのですね。

秩父長瀞と言いますと宝登山神社がありまして初詣に出かける人も多いようです。

またキャンプ場もありますし宿泊コテージなどもありましてバーベキューを楽しむ人も多いです。通常の長瀞ライン下りは人気ですし、カヌーでの川下りやラフティングに訪れる人も多いようです。

長瀞のロウバイ~日本桜名所100選

川下りに人気があるということですからもちろん自然にも恵まれていまして、日本桜名所100選にも選ばれていますし、また長瀞といえば蝋梅(ロウバイ)というくらい蝋梅が有名です。

長瀞には温泉もありますので宿泊してゆっくりしたり日帰り温泉を楽しむということもできます。

電車での行き方

さて長瀞町への交通アクセスですが電車で行くのが最も分かりやすい方法でしょう。東京から長瀞へ行く場合、電車であれば西武線を使えば良いということになります。

西武秩父線でそのままの名前ですが西武秩父駅まで行きます。そこで秩父鉄道に乗換えまして北に少し移動すれば長瀞に到着です。

自動車での行き方

自動車、マイカーで長瀞に訪れる場合は、練馬インターチェンジから関越自動車道に乗り花園インターチェンジまで、そこから国道140号線を使って長瀞まで行けます。

また、都心から国道17号線を使って埼玉県の熊谷まで行き、そこから国道140号線に移って長瀞まで行くという方法もあります。

道が空いていれば、関越自動車道を使った交通アクセスの方が30分程度早く長瀞にたどり着けると思います。

ゴルフ場も多い

ちなみに長瀞町の周辺にはゴルフ場も多いんですよね。美しい自然の中でゴルフも楽しめるという訳です。

長瀞カントリークラブとか、似た名前ですが埼玉長瀞ゴルフクラブとか、ミッションヒルズカントリークラブとか、秩父国際カントリークラブなどがあります。ゴルフ目当てで長瀞に宿泊する人も多いようですね。

長瀞ライン下り

長瀞(ながとろ)の観光では見所が多いのですけど、今回は人気の高い長瀞のライン下りについて案内してみましょう。

長瀞のライン下りと言うのは、まあ川下りなんですけど、川下り専用の小さな舟に乗りまして荒川を下って行くというものです。ライン下りのコースはだいたい秩父鉄道に沿ったコースとなっています。

秩父鉄道の上長瀞駅の少し南の方からライン下りを出発しまして、長瀞玉淀自然公園の近くを通り、長瀞オートキャンプ場、長瀞総合博物館の前を通過して、秩父鉄道の野上駅の近くまで下っていきます。

ライン下りの出発地点へは、長瀞ライン下り案内所(電話0494-66-0950)から無料送迎バスが出ています。

さて、長瀞ライン下りのコースですが、Aコース・Bコースそしてその二つを合わせたCコースというのがあります。

コース

Aコースでは、親鼻橋から岩畳まで移動します。所要時間は約30分。

Bコースでは岩畳から高砂橋まで移動します。こちらも所要時間は約30分。

Cコースはその両方合わせたものとなります。親鼻橋から高砂橋までで所要時間は約1時間。

長瀞ライン下りのAコース、親鼻橋から出発してすぐに見えてくるのが荒川橋梁(あらかわきょうりょう)です。秩父鉄道では最も長い鉄橋だそうです。長さ167m、水面からの高さは約20mの鉄橋です。

また「小滝の瀬」と呼ばれる急流もありまして、長瀞ライン下りの大きな楽しみの一つとなっています。人によってはちょっと怖いかもしれませんね。

料金はAコースとBコースがおとな1600円、子供800円、Cコースの料金が大人3000円、子供1400円となっています。料金の団体割引もありますので、団体(10人以上)で行くと若干ですが安くなります。

激流急流もさることながら長瀞ライン下りでは周辺の美しい自然の眺めも楽しみたいものですよね。

流れが緩やかなところもありますのでそういうところではのんびりと周辺を眺めてみるのもよさそうです。船頭さんがいろいろと案内してくれますので。

ラフティング

長瀞ライン下りと言うのは専用の舟で船頭さんが操作してくれて川下りをして行くわけですが、自力で川下りをしてみたいという人は、カヤックやラフティングで川下りを楽しむこともできます。

カヤックというのはカヌーのことですね。またラフティングというのはラフティングボートというのに乗って数人で力を合わせて川下りをして行くというものです。ラフティングボートといってもゴムボートのことなんですけどね。

もちろんこれらの川下りは未経験の人がいきなりやるというのは危険です。だからどちらも講習を受けてからということになります。

長瀞においてカヤックやラフティングの講習を受けることができる場所は、アムハウス長瀞ラフティング(カヌーヴィレッジ長瀞)というところです。

さて長瀞でラフティングを楽しむ場合ですが、ラフティングツアーの開催期間は4月から11月までとなっています。これは無理もありませんよね。冬の寒い時にカヌーで川下と言うのは気が進みませんよね。

料金は6000円~7000円で、繁忙期は高くなるようです。

年齢制限もあって、小学5年生以上となっています。

開始時間は3パターンなって、午前の部が9時から、午後の部が12時半から、夕暮れの部が15時半からとなっています。それぞれ所要時間は3時間程度です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする