草津温泉観光~白根山へのアクセスとお釜?湯釜?ハイキング

草津温泉周辺の観光スポットを案内してみましょう。まずは草津温泉の近くで西の河原という観光スポットは忘れては行けませんね。

西の河原公園

西の河原と書いて「さいのかわら」と読みます。なんだか三途の川みたいで変な気分ですけど。西の河原のあちらこちらに源泉がありましてお湯が湧き出しております。そして西の河原公園の奥の方には大露天風呂もあります。

西の河原公園から東へ向かって西の河原通りが伸びています。西の河原公園から出たところにまずあるのが、片岡鶴太郎美術館ですね。草津温泉に観光に行った時にはぜひ訪れておきたい観光スポットです。

西の河原通りには多くのお土産物屋さんやお食事どころが立ち並んでいます。西の河原通りの終わりが湯畑という場所になっています。湯畑は草津温泉街の中心地です。湯畑も一応散策が楽しめる公園となっています。

草津温泉と湯畑についてはこちら

草津温泉街のずっと東の方には熱帯園もありますので訪れてみるのも良いかもしれません。

草津温泉から国道292号線を西へ

また逆に草津温泉からずっと西に行きますと白根山があります。白根山といっても日本にはいくつかありますが、草津白根山です。標高は2160m。

白根山への交通アクセスですが、草津温泉から国道292号線をバスなどで西へ西へと移動していきます。

途中、草津国際スキー場もあります。スキーが好きな人は草津温泉につかってさらにスキーも楽しめるという訳ですね。ここでは草津国際スキー場を通り過ぎてさらに国道292号線を西に進みましょう。

白根山ロープウェイ

そうすると、草津国際スキー場御成山ゲレンデというところを通りすぎ、白根山ロープウェイの駅にたどり着きます。ここで白根山ロープウェイに乗れば一気に白根山の頂上までたどりつくことができます。

白根山を登山したい方にとっては面白くない方法ですけど、そうでない人にとっては白根山のすばらしい景色を眺めながら頂上まで行くことができます。

湯釜

白根山の頂上には湯釜と呼ばれる火口湖があります。エメラルドグリーンの湖水が大変美しいです。

また周辺にはハイキングコースが沢山ありますのでの観光スポットとして人気が高いです。

白根山の頂上にある「お釜」ですが湯釜と水釜、涸釜と三つの「お釜」があるのですが、この中でも1番有名な湯釜は酸性度が非常に高いことで有名です。

pHがなんと1前後!だそうです。

pH1というと胃酸よりも酸性度が高いじゃないですか! それじゃ白根山の湯釜に落ちちゃったら溶けてしまうということでしょうか? ぶるぶる……。

白根山ハイキングコース

また白根山にはたくさんのハイキングコースもあります。登山というと大変そうですがハイキングなら行けそうですよね。草津温泉まで来た場合にはぜひ白根山にも行ってみなくては行けませんね。

ということでハイキングコースを案内してみましょう。有名なハイキングコースが8箇所あるようです。

☆白根山・湯釜見学コース
白根山レストハウス→20分→湯釜展望台→10分→白根山レストハウス

☆芳ヶ平自然遊歩道コース
白根山レストハウス→60分→ 芳ヶ平湿原→120分→天狗山レストハウス

☆常布の滝(上級者向け)コース
白根山レストハウス→60分→芳ヶ平湿原→120分→香草→30分→常布の滝

☆本白根コース
白根山ロープウェイ山頂駅→45分→探勝歩道最高点→25分→鏡池→40分→白根山ロープウェイ山頂駅

☆富貴原の池コース
本白根分岐→30分→富貴原の池→50分→殺生河原

☆しゃくなげ・武具脱の池コース
白根火山ロープウェイ山麓駅→10分→武具脱の池→50分→天狗山レストハウス

☆殺生・万代鉱・石尊山・草津自然遊歩道コース
白根山ロープウェイ山麓駅→60分→万代鉱→40分→石樽山→5分→道の駅→20分→湯畑

☆嫗仙の滝コース
遊歩道入り口駐車場→30分→嫗仙の滝→50分→遊歩道入り口駐車場

紅葉や滝、またさまざまな花や花などほとんど見られない荒涼な風景など、変化に富んだ眺めを楽しむことができますので、好みに応じて選んでみると良さそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする