群馬県草津温泉への交通アクセスと湯畑、ホテル・旅館、日帰り温泉

草津温泉と言っても群馬県の草津温泉です。さて草津温泉までへの行き方ですね。とりあえず東京から草津温泉まで行くことにしてみましょう。東京からなら日帰り入浴などもできそうですね。

電車での行き方

まず電車を使って草津温泉へ行く場合ですが、とりあえず群馬県の高崎駅を目指しましょう。

高崎駅に行くには、上野駅から出ているJR高崎線に乗るのも良いですし、また上越新幹線や長野新幹線に乗っていくのも良いと思います。草津温泉日帰り入浴なら断然新幹線を利用するべきでしょうね。

また新宿駅から行くこともできます。別に池袋駅でも渋谷駅でも良いのですが、JR高崎線直通の湘南新宿ラインというのに乗っていくわけですね。これでも群馬県の高崎市に行くことができます。

さて群馬県の高崎駅にたどり着きましたら、ここで電車を乗りかえることになります。今度はJR吾妻線に乗り換えます。JR吾妻線に乗って、長野原草津口駅まで移動します。JR高崎駅からは18駅あります。

さてJR吾妻線の長野原草津口駅に着きましたらこんどはここでバスに乗り換えることになります。草津温泉行きのバスに乗ればいいわけですね。

そうして目指す旅館や宿にもよるでしょうが、草津バスターミナルなどで降りれば草津温泉に到着です。

JR高崎駅→JR吾妻線→長野原草津口駅→バス→草津温泉

自動車での行き方

それでは自動車、マイカーを使う場合の交通アクセスを案内してみましょう。

自動車でのアクセスですが関越自動車道を使うことになります。関越自動車道の渋川伊香保ICからおりまして、国道353・145・292号線を使います。約57kmの移動になります。時間的には90分くらいかかると思われます。

国道353号線と145線はJR吾妻線に沿って走る道路です。また国道292号線は日本ロマンチック街道という別名があるところです。ゆっくりドライブするのもいいかもしれません。

東京から草津へ日帰り温泉に行ける?

草津に住んでいたらいいんですけどね。草津温泉へ東京から日帰り入浴に行ってくるとしましょう。同じ関東ですから十分可能ですよね。

JR高速バス

問題は草津温泉への交通アクセスの手段です。いちばん分かりやすいのはJRの高速バスですね。JRの高速バスなら新宿駅新南口から乗りまして草津温泉まで乗り換えなしで行けますので迷う気遣いはありません。

しかしJRの高速バスでは高速とはいうもの新宿駅新南口を午前8時に出発しまして、草津温泉に到着するのかを昼の12時ちょっと過ぎということになります(伊香保温泉なら10時半過ぎには着くんですけど)。

JR高速バスでは東京から草津温泉まで4時間ちょっとかかるということですね。これではちょっと日帰り入浴には苦しいかもしれません。日帰りとはいっても、ゆっくり入浴したいですからね、少しは。

特急草津

上野駅から特急草津に乗って行くという方法もありますが、途中でバスに乗りかえますので上野駅から草津温泉まで3時間くらいかかります。でもJR高速バスよりも速いんですね。

新幹線

結局のところ、草津温泉まで速くたどり着くには新幹線を利用するのがよさそうです。

新幹線を利用する場合は上越新幹線や長野新幹線で群馬県の高崎駅まで行きまして、そこでJR吾妻線に乗り換えて長野原草津口駅で降りまして、そこからバスに乗って草津温泉まで行くという方法があります。

スパリゾートライナー

しかしそれよりもっと早い交通アクセスがあります。東京駅から長野新幹線に乗りまして、群馬県の高崎駅を通り過ぎて軽井沢まで行ってしまいます。

軽井沢駅で新幹線をおりまして、そこから「スパリゾートライナー」というバスに乗ります。

「スパリゾートライナー」というバスは予約が必要なのですが、しかし草津温泉の「草津ナウリゾートホテル」というところまで直通運転になっています。

そして「スパリゾートライナー」を使った場合は「草津ナウリゾートホテル」に宿泊しなければならないというわけではなく、他の旅館やホテルから送迎バスがやってきたりします。

この交通アクセスであれば東京駅から草津温泉まで乗り換え時間を考えなければ2時間10分で到着します。

草津温泉の湯畑

湯畑というのは草津温泉に限らず、いろいろな温泉地にあるものなんですけど、草津温泉の湯畑は特に有名で観光スポットにもなっていますね。

場所は、

群馬県吾妻郡草津町草津28

となっています。温泉街の大体真ん中あたり。まわりには湯畑草案、平の家、ホテル一井、大東館などの旅館・ホテルがあります。

「湯畑って何なの?」

と思う人もいることでしょう。私もそうでした。^^

写真で見るとこんな感じなんですが・・・

yubatake

温泉のお湯を「樋(とい)」に流しているんですね。

それでなんでこんなことするのかというと、湯温の調節をしたり、あとは「湯の花」を採取したりするためだそうです。

湯の花というのは、温泉成分が沈殿して個体化したものですね。

これを集めて「温泉の素」として売ったりするというわけ。

ホテル・旅館・宿泊施設

次に草津温泉に宿泊する際の旅館や宿・ホテルの案内をしてみます。

まずは草津温泉で人気が高い旅館として「望雲」という旅館があります。湯畑の近くですね。ここは草津温泉の二つの源泉からお湯を引いていましてお風呂が六つもあります。

西の河原源泉掛け流し露天風呂がついた部屋もありますので、ここに宿泊すれば草津温泉を十分に楽しむことができると思います。

お料理や食事としましては、以下のようなものが紹介されていました。
食前酒……上州吾妻谷のキウィワイン
箸附……子持昆布、筍と牛タン、夏野菜寄せ
温物……和風スープのパイ包み焼き
八寸……甘鯛粕焼き、小鯛笹寿司、エシャレットの梅香揚げ、百合根絞り、白バイ貝
焼物……上州もち豚のソテー
鍋物……上州の地鶏鍋、季節のお野菜と群馬のきのこ
向付……旬のお魚いろいろ
蒸物……帆立のキャベツ包み蒸し
御飯……季節の炊き込みご飯・香の物
御椀……赤だし汁
水菓子……季節のくだもの
「望雲(ぼううん)」
群馬県吾妻郡草津町433

草津温泉湯畑の近くには湯宿「奈良屋」もあります。この旅館のお風呂は草津温泉の源泉のうちの一つ「白旗」源泉からお湯を引いております。

白旗源泉というのは草津温泉の源泉の中でも最も古いものといわれています。湯畑の隣で湧出しています。

さてなぜ白旗と呼ばれるのかといいますと、この源泉を見つけた人が源頼朝で、源氏の白旗にちなんで白旗の源泉と名付けられたという話です。

草津温泉「奈良屋」
群馬県吾妻郡草津町草津396番地

またこの湯宿「奈良屋」の姉妹ホテルとして「草津ナウリゾートホテル」というところもあります。

この草津ナウリゾートホテルにはエステサロンもあるようです。エステの本場フランスと同様のタルゴの海洋エステティックを満喫することができます。女性には嬉しいサービスですね。

草津ナウリゾートホテルは標高1200メートルのところにありますので、草津温泉の旅館ホテル群の中でも位置的には北の方になります。

国立公園ベルツの森の中心にあります。近くに草津高原ユースホステルもありますが、観光旅行では使わないでしょう。

上記以外の草津温泉で人気の旅館や宿としましては、「ホテル高松」「大東館」「ホテル一井」「ホテル櫻井(桜井)」「つつじ亭」などが有名ですね。

国道292号線を北上しているとまず「丘の上のホテル」というところがあります。さらに北上しますと「草津モータースポーツサーキット」があります。

さらにどんどん進みますと右に曲がる道がありまして「草津温泉ホテルリゾート」「草津グランドホテル」などがあります。

その道を曲がらずに北に進んでいきますと草津町役場がある通りと交差します。草津町役場がある通りには「草津ハイランドホテル」「不二旅館」「つつじ亭」などがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする