茨城県奥久慈~湯沢峡ハイキングコースと男体山登山

茨城県水戸市から、電車で行ける温泉と言いますと袋田の滝のそばにあります袋田温泉が有名なのですが、袋田温泉に行く途中に、別の温泉があります。

湯沢温泉という温泉ですね。湯沢といいますと越後湯沢を思い浮かべるかもしれませんが、こちらは茨城県奥久慈の湯沢温泉です。近くにハイキングで人気の男体山もあります。

湯沢温泉は意外にも由緒正しい温泉のようで、長い間水戸藩の湯治場として使われていたそうです。

ホテル・旅館

水戸藩の湯治場だった割には、周りにあまりホテルや旅館が無いようなのですね。ひょっとして水戸藩が他の一般人には使わせないという考えを持っていたのでしょうか。

とりあえず湯沢温泉の近くには、そのままの名前ですが湯沢温泉ホテルというのがあります。ホテルと名前が付いていますが、見た感じは旅館ですね。ただしお風呂は綺麗で大変気持ち良くつかることができます。

追記:しかし残念ながら、この湯沢温泉ホテルは2011年に廃業してしまったようです。ここ以外に宿泊施設も見当たりませんので、湯沢温泉を利用することはできなくなったということでしょうか。

湯沢峡ハイキングコース

さて湯沢温泉への交通アクセスですが、これはまずJR常磐線で水戸駅まで行きます。そこでJR水郡線に乗換えましてしばらく電車に揺られて、西金駅でおります。

西金駅で降りたあと少し南へ向いて歩き、3本の道が交わる所に来たら左(北東)のほうに歩いて行きます。

湯沢入り口交差点を渡り、あとは駅を背にしてひたすら進んでいくだけです。歩くのに自信がない人はタクシーを雇った方が良いかもしれません。

実はこの湯沢温泉へ行く道はハイキングコースにもなっています。湯沢峡ハイキングコースと言います。具体的なコースですが、

西金駅~湯沢温泉~大関橋~入湯沢~不動滝~篭岩~上山~つつじヶ丘~本覚寺~入湯沢~大関橋~湯沢温泉~西金駅

ということになっています。だいたい4時間弱かかるハイキングコースのようです。

駅前にはハイキングコースの地図もありますので確認するといいでしょう。

74713

自然林を割って一直線に落ちる不動滝や不思議な形をした篭岩というのを見ることができます。帰りに湯沢温泉で汗を流していくというのがよさそうですね。

男体山ハイキングコース

さらに歩くのに自信がある人は男体山ハイキングコースというのもあります。

西金駅~湯沢温泉~大円地~大円地越~男体山頂~男体神社~滝倉集会所~滝倉入口~上小川駅

というハイキングコースになっています。こちらのコースは5時間近くかかるようですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする