茨城県袋田温泉への行き方~宿泊も日帰り入浴も

袋田温泉は袋田の滝で有名な茨城県久慈郡大子町袋田にあります。東京からお手軽に訪れることができる観光地として人気が高いです。

袋田温泉へのアクセス

まずは袋田温泉の交通アクセスですが、電車を使うのが便利だと思います。JR常磐線で水戸まで行きまして、水戸駅でJR水郡線に乗り換えます。

そしてJR水郡線で、袋田駅まで移動すればよいわけです。袋田温泉までは、駅から少し歩くことになります。歩くのが嫌な人は駅でタクシーを雇えばよいと思います。いずれにしても袋田駅からそれほど遠くありません。

袋田駅から徒歩での行き方

さて袋田駅から歩くとしますと、駅の西側に出まして道を北の方に歩いて行きますと途中で線路を渡ることになります。線路を渡りまして、しばらく進みますとT字路にさしかかります。

そこで少し右を見ますと「袋田の滝入り口」の交差点がありますので、その交差点から東の方へ進む道を歩いていきます。そうすると袋田小学校がありまして、それからホテルや旅館が続くことになります。

袋田駅西側→北へ歩く
→線路を渡る→さらに進む
→T字路→右に「袋田の滝入口交差点」
→そこから東へ→袋田小学校→温泉街

まずは北條館別館があります。その向かい側には警察署もあります。それから途中国道が大きく曲がるところその曲がり角に思い出浪漫館があります。

思い出浪漫館の脇にある道を東に向かって歩いていきますと、ドライブイン「フクロダ」それからこんにゃく資料館があります。

袋田の滝

さらに歩いていくと、滝美荘がありまして、この旅館の名前の通りもう少し進みますと袋田の滝があります。この袋田の滝は、日本三大名瀑に数えられています。ちなみに新しい観瀑台が完成したそうですね。

ホテル・旅館

さて袋田温泉の周辺のホテルや宿泊施設としておすすめなのが「思い出浪漫館」ということになるでしょう。ここには渓流露天風呂というのがあり源泉かけ流しをしているということで有名です。

また日帰り入浴プランもあります。旬の奥久慈名産品を使った料理と共に袋田温泉を楽しんでみては如何でしょうか。「お肌つるつる茨城の秘湯」なんて言われていますから。

「袋田温泉 豊年万作」という旅館も人気が高いです。もちろん宿泊して旬の美味しいお料理を楽しむこともできますし、日帰り入浴プランもあります。袋田駅から電話しますと迎えに来てくれるそうですよ。

「袋田温泉 関所の湯」というところもありまして、こちらはホテルや旅館ではなく日帰り温泉施設だそうです。日帰り温泉専用なのですね。もちろん駐車場も完備しています。

ちなみに袋田駅から少し南に行きますと、久慈川沿いの場所に袋田バンガローキャンプ場もありますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする