水戸市偕楽園の梅祭りとアクセス、ホテル

茨城県の観光地として、まず思い浮かぶのが日本三景の一つ水戸市の偕楽園でしょう。

日本三景と言いますと外には石川県金沢市の兼六園、岡山県岡山市の後楽園があります。

水戸黄門が造った…わけではない

水戸市の偕楽園というぐらいですから、あの水戸黄門、徳川光圀が作ったのかと思いきや、作られたのは結構最近で19世紀中ごろです。

江戸時代の終わりごろに水戸藩第九代藩主徳川斉昭が作ったとされています。

偕楽園へのアクセス

さて水戸市偕楽園への交通アクセスですが、鉄道を使うのは最も分かりやすいと思います。東京からであれば、JR特急の「ときわ」や「ひたち」に乗って、常磐線で水戸駅まで行くことができます。

所要時間としては、1時間半程度です。

そこから、水戸駅の北口、つまり丸井とか水戸郵便局がある側に出ますと偕楽園行きのバスが出ています。バスに揺られて15分で偕楽園にたどり着くことができます。

ちなみに水戸駅の北口にはほかに、水戸城とか弘道館公園などがありますのでついでに訪れておくと良いでしょう。

水戸駅から偕楽園はそれほど遠いわけではないので、徒歩で行くというのもいいでしょう。

その場合は、水戸駅南口に出て、あとは線路を右手に見つつ西へ西へと歩いていくだけです。

駅の南側に出ると水路がありますので、それに沿って歩いていけば迷うこともないでしょう。

自動車で行く場合は、アクセスは以下のようになっています。

・常磐自動車道 水戸I.Cより約20分
・北関東自動車道 茨城町東I.Cより約20分
・北関東自動車道 水戸南I.Cより約20分

千波公園

また偕楽園のそばにも千波湖や千波公園、また彰考館・徳川博物館などもありますので水戸偕楽園を訪れたときにはついでに立ち寄ってみると良いと思いますよ。

それらすべて線路より南にあります。そういえばボーリング場もあるみたいですね。

梅まつり

偕楽園では、2月20日~3月31日までは梅祭りというのをやっています。

梅祭りの期間は、「偕楽園臨時駅」が開設されますので、いつもよりアクセスは便利になります。

ただ、駐車場の方は梅祭りの期間だけ、いつもと違って有料になる場所もあります。

やはり水戸の偕楽園と言えば梅なんですね。水戸黄門が梅が大好きだったということですから。

水戸市周辺のホテル・旅館

水戸市の偕楽園を訪れる場合は、水戸駅周辺のホテルに宿泊するのが便利でしょう。水戸駅であればを使っていくことができますからね。

さてそれでは水戸駅周辺のホテルで人気が高いところを見てみましょう。

水戸プラザホテル

交通アクセスですが、JR常磐線を利用するなら水戸駅から、タクシーに乗って15分くらいのところです。

マイカーを利用するのであれば、常磐自動車道を水戸ICで降りまして国道50(バイパス)号線を約10分進みます。

茨城放送局が目標物となっています。駐車場は広く750台収容できることになっています。

・水戸プラザホテル
茨城県水戸市千波町2078-1

としまや月浜の湯

ここはホテルというよりも旅館ですね。名前の通り温泉に入ることができます。磯原海岸に面した海辺の温泉旅館です。

日本三大童謡詩人、野口雨情ゆかりの宿なのだそうです。海の近くですから新鮮な魚介類を使った料理も楽しめそうですね。

ただここはJR常磐線でも水戸駅からちょっと北の方に離れていまして磯原駅というところになります。駅から歩いて20分くらいです。

タクシーならすぐですね。マイカーを使う場合は常磐自動車道北茨城ICより国道6号線を約7キロ進むとたどり着きます。駐車場もあります。

・としまや月浜の湯
茨城県北茨城市磯原町磯原200-3

三の丸ホテル

水戸駅からとても近いですから便利だと思います。観光ホテルとしてもビジネスホテルとしても宿泊客に利用されているようです。

常磐線水戸駅の北口から出まして、徒歩2~3分でつきます。

・三の丸ホテル
茨城県水戸市三の丸2-1-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする