抗酸化作用のある化粧品~抗酸化物質を肌から吸収

老化防止には活性酸素対策が大切で、
そのためには抗酸化物質をとることも大事という話でした。

活性酸素除去のために~抗酸化物質を食品からとる

となりますとやはり、食品から取るだけでなく、
美肌のために肌に直接つけてはどうかと考えるのが普通です。

それで、抗酸化作用のある化粧品はないのかというわけですね。

抗酸化物質が配合された化粧品は、実はありふれています。

美白化粧品によくみられるビタミンC誘導体

たとえば美白用化粧品というのがありますけど、
これにはビタミンC誘導体が配合されていることが多いです。

これはもちろん美白成分として配合されているわけですが、
ビタミンCというのは抗酸化物質の代表のようなものですよね。

それが「誘導体」という壊れにくく肌から吸収されやすい形
配合されています。

なので抗酸化作用のある化粧品を探す場合は
美白化粧品を見てみると見つけやすいということになります。

またそういう化粧品にはビタミンCとともに
これまた抗酸化物質として有名なビタミンEもいっしょに
配合されているものもあります。

有名なものではロート製薬のオバジCシリーズがありますね。

アスタキサンチン配合のアスタリフト

ビタミン類以外の抗酸化物質が配合されている化粧品で
有名なものに、富士フィルムのアスタリフトがあります。

松田聖子さんのコマーシャルで有名になったものですね。

これは名前からなんとなくわかりますけど、
カロテノイドの一種であるアスタキサンチン
それからリコピンも配合されています。

アスタキサンチンというのは鮭のピンクでおなじみの色素です。
リコピンはトマトの赤い色素ですね。

どちらも、ビタミンCやEよりはるかに強力な抗酸化物質です。
抗酸化作用を重視するならアスタリフトのシリーズに
注目してもよさそうですね。

フラーレン配合のドクターシーラボ

また、フラーレンという抗酸化物質も注目されていて
フラーレンを配合した化粧品というのもあります。

フラーレンは炭素でできているのですけど
抗酸化力が強いということで注目されるようになりました。

有名なところではドクターシーラボの「VC100ポアホワイトローション」
などがあります。名前からわかるとおりビタミンC誘導体も配合されていますね。
ビタミンC誘導体の中でも浸透力の高いAPPS配合となっています。

ドクターシーラボの化粧品にはフラーレン配合のものが多いようです。

ただフラーレンは抗酸化力という点だけ取ってみると、
上述のアスタキサンチンよりは弱いといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする