楽天銀行スーパーローンの審査日数や時間は短い?土日の場合は?

楽天銀行スーパーローンの審査ですが、まず審査自体受けられない人がいます。

そもそも審査を受けられない人

まず、年齢制限があります。満20歳から62才までとなっていますね。63歳以上の方はムリ、ということなんです。

あとは、収入がないとダメです。いくら楽天銀行だから総量規制の対象外だといっても、毎月安定した収入があることが条件になっています。

自営業でも、パート・アルバイトでもOKですが、とにかく毎月収入があることが大事です。

ただ、「専業主婦」は例外です。楽天銀行スーパーローンは専業主婦もOKということになっています。これは旦那さんの収入があるからということですね。

それから、原則として日本国籍を持っていて日本に住んでいる人ですね。外国人の場合は永住権を持っていなければダメです。

これらの条件をクリアした人のみ、楽天銀行スーパーローンの審査を受けることができます。

銀行としては審査は速い方

審査は、銀行としては速い方で、即日融資も可能、ということになっています。

即日融資を受けたい場合は、楽天銀行に口座を持っていると有利です。これなら24時間いつでも振り込んでもらえます

他の銀行の口座だと・・・銀行一般に言えることですが、15時以降は振り込んでもらえませんので注意が必要ですね。

「最短で当日中」ということですので、あなたがいろいろと不利な条件を持っている場合は審査が延びるかもしれません。2日ほど待たされることもあるようです。

あと土日の場合ですが、これはインターネットなので申し込みはできます。ただ、審査は月曜日ということになって、結果が出るのも早くても月曜日、ということになります。

手際よく審査してもらうために用意しておくべきもの

審査のときに用意しておくべき書類としては、まずは本人確認書類。これは基本ですね。

楽天銀行スーパーローンの場合、運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかが本人確認書類として使えます。

あと、収入証明書ですが、消費者金融のように50万円ではなく、300万円を超える借入れの場合に必要、ということになっています。

ただこれも、あなたがいろいろ不利な条件を持っている場合は、300万円以下の借金でも、「収入証明書を提出してください」と言われます。

これは楽天銀行側の判断で変わります。

例外として、個人事業主と法人代表者の場合、これは何円借金する場合であっても、「収入証明書を見せてください」ということになります

やはり、会社員よりも「収入が安定していない」とみなされているわけですね。

職場への在籍確認

だからといって「会社員です」と嘘をつくのはダメです。当然ながら在籍確認がありますので、すぐにばれてしまいます。

在籍確認は、職場に電話することで行われます。

もちろん「楽天銀行カードローンですが・・・」なんて電話はしません。
「借金するんだ」なんてばれないよう、細心の注意を払って電話をしてくれます。