サーマクールCPTとサーマクールNXTの違い

サーマクールはたるみやシワの改善のために
切らずに行える治療として注目されているということでした。

サーマクールがしわ・たるみ改善効果を発揮する仕組みは?

それで今回は。

サーマクールと言っても機器に違いがありますよ、という話。

大して違いがないなら料金が安いほうが…

サーマクールCPTとサーマクールNXTって、
興味がある方なら聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

どちらが新しい機種かというと、CPTの方です。

サーマクールNXTは第2世代、
サーマクールCPTは第3世代となっています。

で、何が違うのかということですね。

大して効果が変わらないんなら、
料金の安いNXTのほうでいいじゃん、ってなってしまいそう。

何が違うのかというと「トリートメントチップ」という
パーツが改善されたんです。

まあ簡単に言うと、肌に押し当てる部分ですね。そこの部品。

部品が変わったから…何が良くなったの?

どう改善されたかというと、均等に電磁波が当たるようになりました。

サーマクールNXTの方はですね、「ムラ」があったんですよ。

たとえば10のパワーで照射しても、
ある部分はのパワーしか伝わらないし、
別の部分は12のパワーが伝わってしまう、なんてことがあったんです。

そうすると、施術を受ける私たちにとっては、
12のパワーが伝わった所はすごく痛いのに、
8のパワーだった所は効果が薄いということになります。

「え、あんなに痛かったのに効果はこんなもの?」

となってしまいそうですよね。

効果を上げるためには、8の部分をなくせばいいからといって
機械の出力を上げると・・・

8→10
10→12
12→14

となって、これ、14のパワーが加わった部分は火傷しちゃいそうですね。

というのが、第2世代サーマクールNXTの欠点だったわけです。

均等化のメリットは大きかった

これが第3世代サーマクールCPTだと、
パワーが均等に伝わるように改善されたというわけ。

だから出力を10に設定すれば、8の部分も12の部分もなく、
肌のどの部分にも均等に10のパワーが伝わるというわけです。

ということは・・・どういうことかというと・・・

「サーマクールCTPのほうが痛くありませんよ」

なんてお医者さんが説明してくれるかもしれませんが、
これはパワーが均等に伝わるようになったからです。

つまり部分的に強いパワーが伝わったりということがなくなったからです。

まあそれでも、実際施術を受けてみると
「十分痛い」という人はけっこういますけどね。^^;

「サーマクルーCTPのほうが効果が高いですよ」

という説明もしてくれるかもしれません。
これは部分的に弱いということがなくなったからですよね。

以上がサーマクールNXTからCPTにかわって改善されたところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする