悪質な消費者金融から借金した場合、どうすればいい?

悪質な消費者金融として、一番わかりやすいのは無登録で営業している場合です。

まず、登録されているかどうか調べる

その業者が登録しているかどうかは、金融庁のホームページで検索すればすぐに分かります。

登録貸金業者情報検索入力ページ

調べてみて登録されていなかったら・・・この場合は違法ですので、警察に連絡すればそれですむことです。

出資法違反は「犯罪」

もう一つわかりやすいのは、出資法の上限金利を超えるような金利で貸し出しをしている場合ですね。

出資法の上限金利は年20%ですが、これを超えると「刑事罰」が科されることになります。

「刑事罰」ということは・・・つまり犯罪ということですから、これも警察が動いてくれます。

その他「怪しい」場合

さて、あなたがお金を借りている消費者金融は、ちゃんと登録されていると分かったとしましょう。

それでも、「なんかここ、怪しいな」という場合。

たとえば取り立ての方法とか。

消費者金融の違法取り立て~貸金業法第21条1項を簡潔に説明すると

委任状を要求されたとか。

借金返済しないと公正証書で強制執行?~貸金業法改正で変わった

その他、「これおかしいんじゃないの?」ということがある場合。

消費者金融への法的規制

こういう場合は、地域の消費生活センター(国民生活センター)に相談するか、消費者金融を管理しているお役所に相談するのがいいです。

消費者金融を管理しているお役所というのは、地域の「財務局」都道府県貸金業指導係ですね。

そういうところに相談してみます。

過払い金がある場合

あとは、グレーゾーン金利廃止前に、利息を払いすぎてしまっているかもしれない場合

こういう場合は、弁護士などに相談するのが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする