ニキビ跡の種類~赤み?色素沈着?クレーター?しこり?

ニキビはそれ自体悩みの種なんですけど、
悪化するとニキビ跡が残ってしまうので厄介ですよね。

でもニキビ跡にも種類があって、
その種類に応じて治療法も変わるんですね。

ということで今回はニキビ跡の種類を見てみたいと思います。

赤み・色素沈着はシミと同じ?

まずは肌が変色するタイプですね。
赤みとか、それより濃い色になってしまう色素沈着。

これはニキビの炎症が続いたことで、
表皮基底層にあるメラノサイトが刺激されてしまったんです。

メラノサイトはメラニンを作る細胞ですから、
刺激によって張り切ってメラニンを作ってくれたんですね。

その結果、赤みとか色素沈着が起こったというわけ。

まあこれって、シミと同じですよね。

シミの場合は紫外線による刺激が原因になることが多いけど、
ニキビでそうなってしまうこともあるということです。

クレーター型は真皮まで破壊されている?

次にクレータータイプのニキビ跡。
凹型ニキビ跡なんていうこともありますが、
要するに、ニキビの跡が凹んでしまうものですね。

これは表皮の細胞が減少しているという場合もありますが、
もっと深刻な場合は真皮もダメージを受けていることがあります。

真皮のコラーゲンが破壊されてしまって、
その部分の皮膚が凹んでしまった状態ですね。

こうなると、治療はかなり大変になってしまいます。

出っ張り型は肌細胞が暴走している?

クレーターとは逆に、出っ張ってしまうニキビ跡もあります。
しこりができるタイプですね。凸型ニキビ跡ともいいます。

これは、ニキビによって炎症が起こって真皮がダメージを受けたため、
真皮の線維芽細胞がそれをカバーしようとして
過剰にコラーゲンを作ってしまった結果なんです。

線維芽細胞の暴走を言ってもいいですね。

これも原因が真皮にありますので、治療は大変ということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする