肌が老化する原因~4大原因だけじゃない

肌が老化する原因はいろいろありますが、
まずわかりやすく4大原因といわれるものから見ていきましょう。

肌老化の4大原因とは

4大原因というのは、紫外線と活性酸素、それから乾燥、
・・・この辺はすぐに思い浮かびますよね。

それであと一つは「皮膚菲薄化(ひふひはくか)」といわれています。
まあ皮膚が薄くなることですね。

  • 紫外線
  • 活性酸素
  • 乾燥
  • 皮膚菲薄化

これが4大原因。

それでなぜ肌が老化する?

紫外線は肌細胞も遺伝子もコラーゲンも傷つけます。
紫外線などによって生まれる活性酸素も同じです。

では乾燥はなぜ肌を老化させるのかというと、
まず、水分が不足すれば細胞は元気を失うわけですよね。
それが一つ。

また、乾燥すると肌のターンオーバーも
うまくいかなくなります。

そうなると、肌のバリア機能もうまく働かなくなって
肌は傷つきやすくなります。
となると老化も進んでしまいます。

乾燥肌は肌老化を加速する

皮膚菲薄化については、これ自体老化ともいえますが、
肌が薄くなるということは表皮も真皮も薄くなる
ということです。

表皮が薄くなればこれまたバリア機能が衰えますよね。
乾燥も進みやすくなり、乾燥がさらにバリア機能を
衰えさせます。悪循環です。

真皮が薄くなれば・・・真皮ってコラーゲンで満たされているんでしたね。
ということは、真皮が薄くなると、肌は弾力を失うことになります。
つまりシワとかたるみがひどくなります。

ここまでが4大原因の説明でした。

でも肌が老化するげんいんはこれだけじゃないんです。

4大原因以外の原因も見逃すべからず

ホリスティックに考えるなら当然のことですが、
健康に悪いことは肌老化も進めてしまいます。

たとえばストレス、睡眠不足、運動不足、栄養の偏り
これらは全部肌老化の原因となりえます。

ストレスが大きくなると、血行が悪くなりますし
活性酸素が増えてしまいますよね。
これらが肌に悪いことは明らかです。

それから、睡眠中に成長ホルモンは分泌されますし、
細胞は修復されます。なので睡眠が不足すると、
肌にダメージが蓄積していくことになります。

運動不足は全身の代謝を悪くさせます。
肌の細胞だって元気を失ってしまいます。

ただし、運動については、激しい運動は厳禁です。
これまた活性酸素を大量発生させてしまいます。

肌細胞が元気に働くためには、いろいろな栄養が必要です。
肌細胞自体のエネルギーのためにも、
細胞やコラーゲンその他、肌に必要なものを作る材料としても。

以上のように。

肌が老化する原因はいろいろありますので
一つだけケアしていても老化予防は難しいということですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする