肌断食の方法と期間

断食というと一定期間食べないですごすという健康法ですが
これを肌にも当てはめてみようという「スキンケア」の
方法もあります。

これを肌断食といいます。

肌断食のやり方2つ

この肌断食のやり方ですが、大きく二つに分けることができます。
短期間で終わらせてしまうやり方と、半永久的に続けるやり方です。

半永久的に続けるほうは、メイク用化粧品も基礎化粧品も
使わないということで、なかなか実行することは難しそうです。

本格的な断食を、私たち普通の人間が一人で行うと
危険が大きいのと同じですね。

やはり、専門家の指導の下、行ったほうがよさそうです。

また、リスクの問題以外にも、
女性としては、これから一生メイクもスキンケアもしないというのは
大きな抵抗を感じるのではないでしょうか?

プチ肌断食

それに対して短期間の肌断食であれば困難もなくできそうですね。
これをプチ肌断食と呼んだりします。

プチ断食と同様、週末を利用して実践する場合が多いです。

プチ肌断食の期間は週末を利用する場合、1日~3日ということになりますね。

金曜日の夜に、クレンジングをしてメイクを落とし、
あとは固形石鹸で洗顔をします。

この洗顔は、泡をしっかり作って
優しく丁寧に洗うという洗顔の基本をしっかり守って行います。

洗顔後、化粧水を使いたくなりますがここは我慢します。
肌を5分から10分程度観察してみて、どうしても乾燥が気になる部分だけ
ワセリンを使って保湿しておきます。

ワセリンはなるべく純度の高いものを使用します。

残りの土曜と日曜は、
基本的に朝と夜、ぬるま湯で洗顔をするだけにします。

どうしても汚れが気になるという場合だけ、
固形石鹸を用いて洗顔をします。

そして月曜からはまた、いつものスキンケアに戻します。

なぜ週末に行うのかというと、
これは単純に家に引きこもることができるからですね。^^;

プチ肌断食から部分的肌断食へ

肌断食の考え方からすると、
化粧品はなるべく使わないほうがいいということになります。

それで、プチ肌断食をやっていると、

「これは使わなくても肌は大丈夫っぽい」

という化粧品がわかることがあります。

その場合はその化粧品をやめることで、
肌本来の力が引き出され、肌の状態がよくなることがあります。

ですのでそのような場合は、
該当する化粧品をしばらくストップしてみて、
肌の状態を観察するとよさそうです。

プチ肌断食のあとの「部分的肌断食」といったところですね。

これで好結果が得られれば、肌によいことはもちろん
お金の節約にもなります。^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする