活性酸素の原因は多すぎる

活性酸素とは何かについては前回お話ししました。

それで、活性酸素は、いろいろな病気や
老化の原因になるということでしたね。

なのでアンチエイジングや病気の予防のためには
活性酸素を予防することが大切なのですが・・・

予防のためにはその原因を知る必要があります。

ということで今回は、活性酸素の原因について
見ていきたいと思います。

激しい運動は健康のため・・・にならない

まず、活性酸素は、私たちが酸素を呼吸して生きる限り
避けられないものということでしたが、

ということは、大量に酸素が必要になることをすれば
活性酸素もそれだけ多く発生するということになります。

つまり、激しい運動は活性酸素を
大量に発生させてしまいます。

体を鍛えれば健康になって、寿命が延びると考えがちですが
それもやりすぎてしまうと逆に寿命を縮めてしまうというわけです。

もちろん、若いうちは活性酸素を除去する力も強いので
大丈夫なのですけど、年を取ってからは要注意ですね。

紫外線のダメージは大きい

次に、お肌の大敵である紫外線ですが、
これはそれ自体肌を傷つけるだけでなく、活性酸素も発生させてしまいます。

紫外線の刺激だけでなく、紫外線によって生み出される
活性酸素によっても肌は老化してしまうというわけですね。
なので紫外線によって肌細胞は二重のダメージを被ることになります。

細菌で活性酸素が増える?

外部から細菌などの異物が体に入り込んだときも
活性酸素は増えてしまいます。

これは、体内の白血球などが細菌を退治するための武器として
活性酸素を用いるためです。

その点で活性酸素は役に立っているのですが、
強すぎる武器ですのでまわりの健康な細胞も傷つけてしまいます。

細菌が多くなりすぎると活性酸素も多くなりすぎるわけですから
その被害も大きくなってしまいます。

ニキビによる肌の炎症などはわかりやすい例ですね。
毛穴でアクネ菌が増殖し、それを退治するために活性酸素が用いられます。
でもそれによって、ニキビが炎症を起こしてしまうというわけです。

そしてその炎症が繰り返されると、
メラノサイトが刺激されて色素沈着が起こってしまうのでしたね。

有害物質はそれ自体有害なだけではない

また、細菌以外の有害な物質、化学物質などですが
これも体内に取り込まれると活性酸素を増やしてしまいます。

その代表的なものとしてはタバコがありますね。
タバコは万病の元ですし老化も早めてしまいます。

過度なアルコール摂取もこれに当てはまりますし、
汚染された環境も、活性酸素の原因となります。

これは、有害な物質を体内で分解しようと活発に化学反応が起こるからで、
その過程で活性酸素も生み出されてしまいます。

有害な物質を分解するのは肝臓の役割ですから
特に肝臓に負担がかかってしまいますね。

ストレスも原因となる

あと、ストレスも活性酸素の原因となります。
これは精神的なストレスも原因となってしまいます。

精神的なストレスで活性酸素が増えてしまうというのも
不思議な話ですが、そのメカニズムはまた別の機会に
お話しようと思います。

以上のように、活性酸素の原因となるものは
非常に多いわけですね。

なので、こういう原因を取り除くことはもちろん大事ですが
それをした上でさらにできてしまった活性酸素を除去する工夫も
大事になってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする