活性酸素とは~簡単にわかりやすく言うと?

活性酸素が老化や病菌の一大原因とはよく聞く話です。
でもそもそも活性酸素って何?と聞かれると、
困ってしまうのではないでしょうか。

Wikipediaなんかの説明を読んでも、
専門用語が並んでいるだけでさっぱりですし。^^;

活性酸素を簡単に言うと

活性酸素を簡単に言うと、

「変身して凶悪になった酸素」

ということになります。

いちおう、4種類の活性酸素があって、
酸素が少しだけ変化したものもあれば
他の物質と結びついたものもあります。

で、どれも酸素原子を含んでいます。

まあでもそんなのは細かい区別ですので、
とにかく凶悪なものに変身した酸素と思っておけばよさそうです。

活性酸素は避けられない

それで、私たちは酸素を呼吸しないと
生きていけないわけですけど、

酸素を呼吸して活動する限り、
その一部は必ず活性酸素になってしまいます。

ですのでどうやってもその発生は避けられません。
まさか、息を止めるわけにはいきませんし。^^;

で、発生が避けられないのに、
この活性酸素って凶悪なんですね。

活性酸素は細胞を傷つけてしまうんです。
細胞の中にある、大切な遺伝子も傷つけてしまいます。

だから活性酸素は、病気や老化の一大原因と目されているわけです。

活性酸素を除去する仕組みも…

ただ、避けられないだけに、
私たちの体にはちゃんと、この活性酸素を
取り除く仕組みも備わっています。

カタラーゼやスーパーオキシドディスムターゼ、
ペルオキシダーゼなどの酵素がそうですね。

これらが、私たちの体の中にある、
毒を消す薬というわけです。

しかし、困ったことにこの薬、
年齢とともに減っていってしまうんですよね。

活性酸素対策=病気予防、老化防止

それで、活性酸素の害が防ぎにくくなって、
細胞がどんどん弱っていきます。

その結果、老化が加速したり、病気が増えたりしてしまうわけですね。

ですので、年齢が進むほど、
活性酸素を消してくれる物質、つまり抗酸化物質を
意識して摂取しなければならないということになります。

また、ただ呼吸しているだけで活性酸素は発生してしまうのですから、
それ以上積極的に増やすことは避けたいですね。

以上のような活性酸素対策は
アンチエイジングや病気の予防にとって
一つの大きなポイントといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする