無添加化粧品は肌に本当にいいのか?

無添加の化粧品を好む人も多いと思います。
これは無添加のほうが肌にいいと考える人が多いからでしょう。

ただ問題は、本当に肌にいいのかどうかということですよね。

「無添加」に基準はなかった

まず「無添加」といっても何らかの基準があるわけではないんです。

化学的に作られた物質を一切使っていない場合とか
石油を原料にしたものは使っていないという場合
あとは「旧表示指定成分」を使っていないという場合ですね。

ちなみに旧表示指定成分というのは
肌に何らかの障害を引き起こす可能性がある成分として
昔、厚生省が表示を義務付けていたものです。

このように「無添加」を謳っているものでも、
何が無添加なのかはメーカーによって違うということで
無添加だから安全といえない面があります。

旧指定成分は使っていないけど
他の刺激の強い物質は使われていた
ということもあり得るのですね。

化学成分なら少量ですむのに…

じゃあ化学成分を一切使っていない「無添加」なら
肌にいいのかというと、これもそうとは言い切れないんです。

化学物質の場合は、ほんの少量で効果があるものが多いんです。
たとえば防腐剤などがそうですね。

防腐剤というと肌に悪いというイメージがありますが
ほんの少量だけですむので結果的に肌にとって安全性が高い
ということになります。

これが化学物質を避けるために、
植物成分を用いたりして、その結果、多量に配合することになって
結局かえって肌に悪いものになるということもあります。

「植物だから安全」は明らかな間違い

また、植物から取れた成分だから肌にいいかというと
これもそうとは限りませんよね。

触れただけで肌がかぶれてしまう植物はたくさんあります。
また、アレルギーの元になるものは人によって違いますよね。

それどころか命に関わるような毒をもっている
植物だって珍しくありません。

なので、植物から取れたものだから安全、
というのは間違った考え方なんです。

結局どう選べばいいの?

結局のところ、肌にいいものを選ぶには、
まず第一段階として、実際に使った人の感想を
慎重に調べてみる必要があります。

その上で、「よさそうだな」と思えたものは
自分で使ってみるわけですが、この場合も
いきなり本格的に使ってはいけません。

まずはテスト的に少量ずつ試してみるべきです。

パッチテストといったりしますが、
肌の目立たない部分で、少量ずつ、一定期間使ってみるんですね。

それで肌に異常が見られなければ本格使用に移るという手順です。

肌に異常が見られた場合は、その化粧品を
皮膚科に持っていって調べてもらうといいでしょう。

そうすると自分にとってどんな物質が悪いのか
はっきりさせることができるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする