コラーゲンの経口摂取は効果なし?~無意味だと思っていたら…

飲むコラーゲンなど、口からコラーゲンを摂取して
美肌のために役立てようというものがあります。

それに対して、「そんなこと意味ないよ」ということが
ある時期言われていたんですよね。

意味がないといわれていた理由

なぜなら、コラーゲンはたんぱく質の一種だから
というのがその理由です。

コラーゲンとは

つまり、たんぱく質であるコラーゲンを経口摂取しても、
消化されてアミノ酸になるわけだから、
コラーゲンそのものを吸収できるわけではない、

だから効果なんてない、というわけですね。

実は意味があった

しかしその後の研究で、コラーゲンの経口摂取には
やっぱり意味があったということがわかりました。

コラーゲンは確かに消化されてアミノ酸になりますが
コラーゲンを構成するアミノ酸に「ヒドロキシプロリン」
というものがあります。

ということでまず、コラーゲンが体内で作られるには
このヒドロキシプロリンが必要ということになります。

そしてこのヒドロキシプロリンというアミノ酸ですが
これは自然界に存在するものではコラーゲンにしか
含まれていません。

つまり、体内でコラーゲンをたくさん作るには
コラーゲンを摂取してヒドロキシプロリンを
体内に吸収する必要があるということです。

この点だけでも、コラーゲンの経口摂取には
意味があることになります。

肌細胞の活性化にもつながる

またこのヒドロキシプロリンは肌の細胞にも働きかけます。

真皮においては線維芽細胞に働きかけて、
線維芽細胞がコラーゲンを生成するのを促してくれます。

また表皮の細胞にも働きかけて、
その増殖を促してくれます。

表皮の細胞が活発に増殖するということは
ターンオーバーが活発に行われることを意味します。

以上のような研究結果から、
現在ではコラーゲンの経口摂取には意味があると
考えられています。

そのほかの研究では、コラーゲンペプチドの摂取によって
肌の水分量がどう変わるのか調査したものもあります。

結果としてはコラーゲンペプチドの摂取によって
表皮の角質層の水分が増えたことが確認されました。

ただこれは不思議なことに、
魚鱗コラーゲンペプチドの場合は肌の水分が増えましたが
豚皮コラーゲンペプチドだとそのような変化は見られなかったとのこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする