毛穴の黒ずみの原因は「汚れ」だけじゃない

小鼻周辺など、
毛穴の黒ずみに悩んでいる人も多いことでしょう。

それでこの毛穴の黒ずみの原因は
「毛穴が汚れているから」と考えられがちです。

もちろん、毛穴の黒ずみの原因として
何らかの汚れは考えられます。

洗っても毛穴がきれいにならない原因

でも、いくら丁寧に洗っても、
どろあわわなどの毛穴を意識した洗顔料を使っても
一向にきれいにならないという場合もあります。

そんな場合は、毛穴の黒ずみの原因が
汚れ以外にあるんじゃないかと疑ってみましょう。

ムダ毛が原因になっているケース

まず多いのは毛穴ですから単純に「毛」が
埋もれているということがあります。

毛が埋もれているのだから、黒く見えて当然です。

この場合はむだ毛を処理するときれいになる
可能性はありますが、やり方を間違えれば
逆に毛穴の黒ずみはひどくなる恐れもあります。

理想としては、
医療レーザーで処理してしまうことでしょう。

これなら毛根からムダ毛をなくすことができますので
毛穴もきれいになるというわけです。

それができない場合は、
抑毛ローションを使うとよさそうですが
劇的な効果は望めないでしょう。

色素沈着

毛穴の黒ずみの、また別の原因としては
色素沈着が考えられます。

この場合は黒くなるだけでなく
茶色くなることも多いですね。

そして、毛穴の色素沈着の原因は炎症です。

たとえばニキビはその代表です。
ニキビ跡が変色してしまうことはよくありますよね。

それ以外にも、上述したことと関係ありますが
ムダ毛を処理しようとして、無理やり抜いたりすると
毛穴が傷ついてしまいます。

これが繰り返されるとメラニンが生成されて
毛穴で色素沈着がおこるというわけです。

これを防ぐには色素沈着が起こらないよう、
毛穴に負担をかけないことが大事ですが、

一度色素沈着が起こってしまったら、
スキンケアを根気よく続けて、薄くしていかなければなりません。

皮膚科や美容外科に頼るというのも選択肢に入ります。

過角化

最後に、もう一つの原因として、
過角化、角化異常というのも考えられます。

肌の表面は角質層に覆われていますが
肌のターンオーバーがうまくいかずに
不要な角質が残り続けてしまうというわけです。

これが毛穴の中や出口周辺に溜まると、
毛穴が広がって中に陰ができ、黒く目立ってしまうというわけです。

穴の中にゴミをつめて、
さらに周りにもゴミを置いたような、そんな状態ですね。

この場合は、同時に肌がくすむことが多いですので
肌は全体として艶を失い、暗くなってしまいます。

こちらは保湿を心がけることで
肌のターンオーバーの正常化を図らねばなりません。

かつ、栄養や睡眠など、内側からのスキンケアも
非常に大事になってきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする