女性ホルモンで肌が白くなる?

女性の肌が男性の肌と明らかに違うのは
女性ホルモンの影響を受けているからです。

女性ホルモンが女性の美を支える

つまり女性らしい美しい肌というのは
女性ホルモンのおかげといってもいいでしょう。

女性ホルモンが増えれば肌はきめ細かく、白くなります
また、コラーゲンの生成も促しますので、
肌の弾力を保ち、かつ女性らしい柔らかな体を作ってくれます。

2種類の女性ホルモン

ただ、女性ホルモンといっても2種類あって、
一つをエストロゲン(卵胞ホルモン)
もう一つをプロゲステロン(黄体ホルモン)といいます。

このうち、美肌など女性の美に役立ってくれるのは
エストロゲンのほうです。

卵胞期に肌は最も美しくなる

生理が終わると、肌の調子が良くなるというのは
女性なら理解できることだと思いますが、

これは月経期のあとに卵胞期という
エストロゲンが増加する時期が来るからです。

そのあとは黄体期前期・後期と続いて、
いわゆる「月経前症候群」と呼ばれる、
心身の不調が続く時期になります。

この時期は肌の調子が悪くなることも多いですね。

なので、肌の調子が良い卵胞期に、
栄養バランスやスキンケアに気をつけて、
次の黄体期に備えるようにしなければなりません。

年をとると女性ホルモンも減ってしまう

このように、日常的にも女性ホルモンの影響で
肌の美しさ、白さは変わっているのですけど
年齢によっても変わってきますね。

年をとるとどうしてもエストロゲンは減少してしまいます。
そうなるとこれが肌に出て、肌は白さやきめ細かさ
そして弾力も失っていくことになります。

なので食生活その他の生活習慣に気をつけることで
女性ホルモンがなるべく減らないように
努力していく必要があります。

また、それで足りなければ、
サプリメントの利用も考えられます。

ただ、美肌は女性ホルモンだけに左右されるわけではありませんので
これ以外の基本的なスキンケアにも当然配慮しなければなりません。

女性ホルモン自体を薬品などで摂取することも考えられますが、
ホルモンは体に大きな影響を与えてしまうものですので
独断で実践すべきではないでしょう。

その場合は医師の指導の下、ということになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする