乾燥肌の原因と対策

乾燥肌に悩む女性は多いものですが、
これはなぜかというと、女性のほうが
年齢とともに皮脂の分泌が減りやすい傾向にあるからです。

乾燥肌の原因その1:皮脂の不足

なので乾燥肌の原因としてはまず、皮脂の不足が考えられます。

これは年齢とともに進んでしまうものなので
どうしようもないんじゃない?なんて思ってしまいそうですが、

洗顔法など肌の洗い方を改善することで、
ある程度は皮脂を保つことができるようになります。

乾燥肌の原因その2:角質層の破壊

その洗顔法とも関係があるのですが、
乾燥肌の原因その2として、肌のバリア機能が壊れている
ということが考えられます。

肌のバリア機能というのは、
外部刺激から肌を守ったり、内側の水分が
過剰に逃げていかないようにしたりする仕組みのことです。

で、このバリア機能ですけど、
肌で言えばいちばん表面の角質層と皮脂膜が
これを担っています。

皮脂については最初に書きましたので、
今度は角質層についてですね。

角質層というと、皮膚の階層構造のうちの
一番外側の層です。

垢は落とさなければならないけど…

それで古くなると垢になってしまう部分ですね。

垢と聞くと、多くの人は「汚いもの」と思うことでしょう。
まあ、実際、汚いものですけど。^^;

でもこの垢と角質層の境目ってないようなものなんですね。

それで、きれいにしようと思って、
一生懸命洗顔した結果、必要な角質まで
削り落としてしまうということも珍しくありません。

そうなると・・・肌のバリアが薄くなってしまいますよね。

また、角質の間には、セラミドなどの保水物質も
存在しているのですが、洗いすぎてしまうと
これも不足してしまうことになります。

肌のバリア機能を取り戻すことが最重要

つまり、肌のバリア自体薄くなるし、
隙間を埋めるセラミドも不足して肌の隙間が増えるということです。

となると、肌内部の水分は逃げ放題になってしまいます。
これでは化粧水などで必死に水分を補給しても
あまり効果が見られないということになりかねません。

なので、乾燥肌を改善するための最重要ポイントは
「肌のバリア機能を取り戻すこと」なんですね。

そのために、洗顔法など肌の洗い方から
見なおす必要があります。

また、バリア機能というのは、
外部刺激から肌を守る働きもしているんでしたよね。

ということは、バリア機能が壊れると
肌が乾燥するだけでなく、肌荒れなどの
肌トラブルも増えることになります。

ということで乾燥肌の人は
敏感肌でもある、ということが多いんですね。

乾燥肌対策は敏感肌対策になることも多いですので、
是非力を入れていきたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする