メラノCCの大人ニキビ・ニキビ跡への効果は?

ロート製薬のメラノCCは、
名前からわかるとおり「メラニンに対応しよう」
というものですので、シミに悩む人が注目する化粧品
と思われそうですけど、

実際はシミだけでなく、ニキビに悩む人も使ってみて
効果があったという声も聞かれます。

ニキビへの効果といっても、
ニキビそのものと、ニキビ跡、2つが考えられますよね。

ニキビ跡はメラニンが関係しているので・・・

まず、ニキビ跡への効果は特に不思議はありません。

ニキビ跡の色素沈着はメラニンによるものですから、
メラニンを薄くすることを狙っているメラノCCであれば
効果があっても別におかしくはありません。

そのための成分も配合されています。

たとえば活性型ビタミンCが配合されているということですが、
ビタミンCは美白有効成分として、厚生労働省の認可を受けています。

ビタミンCは、肌のターンオーバーを促したり、
黒く変化したメラニンを還元したりすることで
シミの改善に役立つといわれています。

なので、ニキビ跡の色素沈着にも役立つと考えられます。

でも、メラノCCは、ニキビ跡だけでなく
ニキビ自体の予防や改善にも役立ったという
声も聞かれるんですよね。

これはなぜなのかということですが・・・

皮脂の酸化を防ぐ抗酸化物質

たとえば、

「メラノCC薬用しみ集中対策美容液」

の成分を見てみますと、まず上記の活性型ビタミンCですね。
これは抗酸化物質としても有名です。

つまりものの酸化を防ぐということですね。

ニキビの原因としては、アクネ菌などが毛穴の中で増殖して
皮脂の油分を酸化させ、過酸化脂質に変えてしまう、
ということがありましたね。

アクネ菌について

ということでビタミンCが、
このアクネ菌による皮脂の酸化を防いでくれると考えられます。

それからメラノCCにはビタミンE誘導体も配合されているんですね。
これは、血行促進のために配合されているとのことですが
ビタミンEもまた、抗酸化物質として有名なものです。

もちろん、血行を良くすることで、
皮膚の自然治癒力を高めたり、脂肪分の代謝をよくしたりして
ニキビの改善に役立つことも考えられます。

抗炎症成分と殺菌成分も配合

また、これら以外の成分を見ると、
グリチルリチン酸ジカリウムも配合されていますね。

グリチルリチン酸ジカリウムは、抗炎症剤として有名なものです。
なので毛穴の炎症を防ぐことでニキビの予防にもなりそうですね。

それからイソプロピルメチルフェノールという
殺菌成分も配合されています。

ということで、ニキビ跡だけでなく、
ニキビそのものの改善された、という声があったとしても
おかしくはない内容だと考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする