ニキビの原因菌・カビ(アクネ菌とマラセチア菌の違い)

ニキビは細菌によって引き起こされるのですが、
その細菌がアクネ菌であるというのは有名ですね。

体にカビが生える!?

でも実は、ニキビの原因菌はアクネ菌だけではないんです。
もう一つ、マラセチア菌というのもニキビの原因となります。

このマラセチア菌、カビの一種なんですね。><

カビの一種なんていわれると、

「カビが体に生えるの!?」

なんて不安になってしまいますけど、
マラセチア菌もアクネ菌同様、常在菌です。

常在菌というのは読んで字のごとく、
「常に在る菌」ですので、私たちの肌に
普通に住んでいる菌なんです。

それが普通の状態というわけです。

ただ、毛穴に皮脂がたまったりすると、
そこでアクネ菌やマラセチア菌が増殖してしまって、
皮脂を酸化させ、肌を傷つけてしまいます。

それがニキビというわけです。

ただ、アクネ菌とマラセチア菌には微妙な違いがあります。

アクネ菌とマラセチア菌の違い

一般的にはニキビの原因になっているのはアクネ菌が多いのですが、
顔ではなく体にできるニキビ、背中ニキビとか胸ニキビとかですね、

そういう体にできるニキビは
マラセチア菌が原因であることが多いようです。

そしてマラセチア菌によるニキビは、
自然治癒しにくいという特徴もあります。

なので、体にできたニキビでなかなかしぶといな、
という場合は、マラセチア菌を疑ってみるといいでしょう。

そして皮膚科の診断を仰ぐといいですね。
病院に行けば、結構簡単に治ったりします。

さて、アクネ菌とかマラセチア菌は、
細菌とかカビとか言うことですので、
すべて殺菌してしまいたいと思ってしまうかもしれません。

でも、そんなことはしてはいけないんです。^^;

常在菌を殺菌するとどうなる?

先ほど、アクネ菌やマラセチア菌は「常在菌」だと書きましたね。
これは人間の体に住み着いているのが「普通」の菌なんです。

こういう常在菌を完全に殺菌してしまうとどうなるかというと、
たとえば肌の常在菌を殺菌してしまったら、
肌は「空き地」になってしまいます。

その結果、今度は外部からもっと悪い、もっとしぶとい菌が
肌に取り付いて増殖してしまうかもしれないんです。

そうなると肌はもっと深刻なトラブルに見舞われてしまうかもしれません。

なので、アクネ菌やマラセチア菌には、
住んでいてもらわないといけないんです。

じゃあどうやってにきびを予防すればいいの?

でも、ニキビの原因になる菌を放置して、
どうやってニキビを予防したらいいの?って思っちゃいますよね。

アクネ菌やマラセチア菌は、毛穴の皮脂で増殖して、
それを酸化させることで肌に炎症を起こすということを
さきほど書きました。

ということはまずは毛穴に過剰な皮脂がたまらないようにすることが
ニキビの予防法として考えられますね。

それからもう一つは、
皮脂の酸化を防ぐような工夫を取り入れることも考えられます。

つまり抗酸化物質を積極的に摂取したり、
また抗酸化物質が配合されている化粧品を使う、
ということが考えられますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする