ストレスニキビのできる場所

ストレスが原因の大人ニキビは、
頬とかアゴなど、フェイスラインによくできると言われています。
また額にもできることがあります。

まあ結局、どこにでもできる可能性はあるのですけど。

でもなぜストレスがたまると
ニキビができるのかというのが不思議ですよね。

これには理由があります。

男性ホルモンによって皮脂が増える?

まず、ニキビの原因の一つとして過剰な皮脂分泌が考えられます。
それでこの皮脂というのは、女性よりも男性の方が
多く分泌される傾向にあります。

男性の方が、肌がギトギトしていることが多いですよね。

それで、皮脂が多いのは男性ホルモンの影響と考えられます。

じゃあ女性は関係ないのかというとそうではないんです。
女性の体の中でも、量は少ないですが男性ホルモンは作られています。

それで、ストレスが重なると、女性であっても
男性ホルモンの分泌が増えてしまったり、
女性ホルモン自体が減ってしまったりするんですね。

ストレスがかかっている=戦わなければならない状態

ストレスがかかっているということは、
何か危機的な状況にあるとか、
そうでなくても漠然と不安を感じているとか、

とにかく戦うか逃げるかしなければならない状態です。

つまり「戦闘態勢」ということですので
男性ホルモンが分泌されやすくなるのでしょう。

今は女性であっても、
社会に出て働くのは普通ですので、
ストレスも受けやすく、男性ホルモンも分泌されやすい
と考えられます。

その結果、皮脂も増えてしまって
ニキビの原因になってしまうということですね。

それでこのストレスニキビのできる場所が、
男性だとヒゲが生える場所であったり
抜け毛が気になる場所であったりというのは
面白いところです。

やはりそういう部分は、
男性ホルモンの影響を受け易いということなのでしょうか。

ストレスは血行にも影響する

男性ホルモンの影響以外でも
ストレスはニキビにつながります。

それはなぜかというと、ストレスが積み重なると、
血行が悪くなってしまうからです。

血液は肌へ栄養や水分、酸素を運ぶわけですから、
新鮮な血液があまり来なくなると、
肌の新陳代謝は滞ります。

それで、古い角質が残り続けて、
毛穴を塞いでしまって、ニキビの原因になる
ということも考えられます。

つまりストレスというのは、
ホルモンを通じて、かつ血行を通じて、
肌に大きな影響を与えるということです。

ストレスをコントロールすることは
美肌にとって欠かせない項目であることがわかりますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする