日焼け止め~紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のメリット・デメリット

2種類の日焼け止め

紫外線対策のために
日焼け止めは欠かせないものと言えますが、
日焼け止めのために使われている物質って
2種類に分けることができます。

それが「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」です。

紫外線吸収剤のメリット・デメリット

まず紫外線吸収剤ですが、
メリットはメイクの仕上がりが白っぽくならないことです。
紫外線散乱剤のように光を反射しないということですね。

デメリットは紫外線散乱剤に比べて肌への負担が大きいことです。

これは、紫外線吸収剤が、紫外線を熱などの他のエネルギーに
変換するための化学反応が原因です。

紫外線吸収剤は、有害な紫外線を他のものに
変換することで肌を守るのですが、

肌の上で一仕事することになりますので
そのぶん肌に負担をかけることになるわけですね。

ただ最近では、吸収剤をカプセルに詰めたりして
肌への負担を軽減しているものも増えています

紫外線散乱剤のメリット・デメリット

次に、紫外線散乱剤ですが、
メリットは肌への負担が小さいことです。
デメリットはメイクの仕上がりが白っぽくなりがちなことです。

こちらは名前のとおり、単に紫外線を反射するだけです。
ということですので光も反射しやすく、
見た目が白っぽくなってしまうということですね。

ただ最近では、白っぽく見えないよう工夫されているものも
増えてきています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする