皮膚常在菌とは~菌が肌を守る?

肌に限ったことではないのですが
私たちの体には「常在菌」といって菌が住み着いています。

「菌」と聞くと病気の原因のように思えて
ぎょっとするかもしれませんが、常在菌というのは
普通に私たちの体にすんでいて通常は害にならないものです。

害にならないどころか、健康を守ってくれるものもいます。
たとえば腸内善玉菌などはそうですよね。

肌にも常在菌はいて、皮膚常在菌と言ったりします。

皮膚常在菌の種類~善玉菌だけではない

たとえば表皮ブドウ球菌やアクネ菌、マラセチア菌、
黄色ブドウ球菌などが皮膚常在菌です。

それらすべてが善玉菌というわけではありません。

善玉菌といえるのは表皮ブドウ球菌くらいですね。

アクネ菌は、通常は肌のために役立ってくれているのですが
毛穴の中で増殖してしまうと、ご存知のとおり
ニキビの原因となってしまいます。いわば日和見菌です。

マラセチア菌は悪玉菌と考えていいでしょう。
顔ではなく体のニキビの原因となりますし
その他皮膚病の原因にもなると言われています。

ニキビの原因菌についてはこちら

黄色ブドウ球菌は感染症の元になる悪玉菌です。

ただ、悪玉菌といっても、常在菌として住み着いている数では
害にはならないというわけです。
増えすぎるといろいろと問題が起きてきます。

殺菌してしまえ?

それで、悪玉菌もいるのなら、
もう常在菌は綺麗さっぱり洗い流したほうがいいんじゃないの?
と思ってしまうかもしれません。

だって「菌」ですから。^^;

でもそういうことをすると、
肌にとってはかえってよくない影響があります。

まず、洗いすぎることによって、
さまざまな弊害が引き起こされることは以前説明しました。

洗顔は洗いすぎないのが大事

じゃあ殺菌効果のあるものを使って、
菌だけ殺せばいいんじゃないかと思うかもしれませんが
それもダメなんです。

上記の常在菌の中では、通常、善玉菌である
表皮ブドウ球菌が大部分を占めているんです。

悪玉菌の勢力は非常に小さいというわけですね。
それで害がなくてすんでいます。

悪玉菌の肩を持つことに…

ところが殺菌してしまうと、善玉菌も悪玉菌も
一斉に減ってしまって肌の上は「空き地」だらけになります。

せっかく大きな勢力を持つことで
悪玉菌の行動を抑え付けてきた善玉菌ですが、

殺菌剤で殺されてしまって、勢力的なアドバンテージがなくなります。
つまり同じ条件で悪玉菌と競争しなければならなくなります。

同じ条件での「空き地」の取り合いになるわけですね。

そうなると時には悪玉菌に負けてしまって、
肌の上で悪玉菌が勢力を広げてしまうということに
なることもあるんです。

ですので、肌のためと思って、こまめに殺菌殺菌とやっていると、
実は悪玉菌を応援してしまうことになるんですね。

だって、圧倒的に勝っている善玉菌を叩いて、
悪玉菌と同じスタートラインに並ばせるわけですから。

ということですので、皮膚常在菌はなるべく殺さないよう
大事にしてあげる必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする