借金返済しないと公正証書で強制執行?~貸金業法改正で変わった

昔は、消費者金融からお金を借りて返済できないでいると、公正証書に基づいて強制執行、つまり財産差し押さえ、とかあったようですが・・・

現在は貸金業法改正によって、これは現実的ではなくなっています。

公正証書とは?簡単に言うと…

そもそも、

「公正証書って何?」

っていうことですけど、これは簡単に言ってしまうと、

「個人と個人の約束を国が保証したもの」

ということになります。個人ではなく法人でもいいのですけど。

で、たとえば、あなたが消費者金融から借金するときに、

「返済できない時は強制執行してかまいませんよ」

という内容の公正証書を作っておくと、返済できない場合は、問答無用で財産を差し押さえられる、ということなんですね。

公正証書は「面倒」

でもこの公正証書、「作るのがすごくめんどくさい」んです。

消費者金融の人とあなたとで、公証役場に出かけていってですね、本人確認書類とか見せて、それから「公証人」というお役人に認証してもらわないといけない。

そんな、お金を貸すたびに、お客さんと一緒に公証役場に出かけて行くなんて、消費者金融業者としてはやってられない。

あなたから消費者金融に「委任」する

それで昔は「委任状」というのを取ったことがあるんです。

あなたが消費者金融に行ってお金を借りるとしましょう。

そうすると、

私どものほうで公正証書を作らせていただきますので、委任状に署名とハンコお願いします」

なんて、言われるわけですね。

「委任状」というのはつまりあなたが「私に代わって公正証書を作ってください」って、消費者金融に委任する文書のことです。

昔はそれができたんです。

そして裁判なしの「差し押さえ」が可能になる

で、消費者金融の人はあなたから受け取った「委任状」を持って、公証役場に行くわけですね。

そしてめでたく(?)公正証書が完成すると。

その内容は「返済できない場合はあなたの財産を問答無用で差し押さえます」というものになってると。

貸金業法改正で変わった

でも今は消費者金融はその「委任状」を作らせてはダメだって、法律で決まってるんです。

貸金業法が改正されてそうなったんですね。

昔は、お金を借りたいから、背に腹は代えられない、委任状にサインする人が多かったんです。

「委任状にサインしなきゃお金貸さないよ」

って言われたら、「仕方ない」ってなりますよね。

そんなことにならないように、貸金業法が改正されて、消費者金融は公正証書を作るための「委任状」を取ってはいけませんよ、ということになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする