キャッシングの返済が遅れると?返済できないと?こうなる!

そもそも、借りる前から「返すあて」を考え、返済計画を立てて借りるべきなのですが・・・

でも、返済が遅れてしまった場合。
もしくは「返済できない」となってしまった場合。

あなたはどうなるのか?

鉄則:まともな消費者金融から借りること

まず、大昔のように「怖い人が来て怒鳴りまくる」とか、そんなことはありません。違法ですからね。

まともな消費者金融のキャッシングを利用している限り、それはありえません。

まともじゃないところから借りてしまった場合は知りませんが。(汗

で、キャッシングの返済が遅れてしまった場合。

職場に電話がかかってくる?

まず、普通は「お電話」ということになりますね。

これ、最初の契約の時に、「連絡してもいい電話番号」をこちらから指定しているはずなんです。

そこにかかってきます。そこ以外は法律違反ですので。

1日でも遅れたらすぐにかかってくる場合と、いくらか猶予がある場合があります。

これは、あなたが「どう思われているか」で左右されます。

「まあこの人は、1日くらい遅れても大丈夫だな」と思われている場合は、即座にかかってこないことも多いです。

どちらにしろ、電話がかかってくるのは時間の問題ですので、遅いか早いかはどうでもいいことですね。

親の家に取り立てに行ったりする?

それで、電話に出ないでいると、「自宅訪問」ということになります。いわゆる「取り立て」ですね。

これも自宅以外に来ると法律違反ですので、原則自宅です。

ついに裁判所から「支払督促書」が!

さて、それでもあなたがなかなか返済しないとなると、今度は「法的手段」ということになります。

これはまず、消費者金融から簡易裁判所に依頼して「支払督促書」というのを送ってもらいます。

あなたのところに簡易裁判所から手紙が届くわけです。

「◯◯金融にお金を返しなさい」

で、これには「異議申立て」ができます。

「こんなに借りてないよ!」
「この利息はおかしいよ!」
「すでに返したはずだよ!」

などの場合ですね。

無視しているとこうなる

でも、簡易裁判所から支払督促書が届いたのに、なにもしないでいると・・・「強制執行」つまりあなたの財産を「差し押さえ」ということになります。

給料とか、預金口座とかを差し押さえられるわけです。
そこから強制的に返済させられるわけです。

「支払督促」が来た時に「異議申立て」をすると、「裁判」ということになります。

裁判によって「あなたに返済義務がありますよ」という判決が出たら、やっぱりこれも強制執行ということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする