洗顔は洗いすぎないのが大事

洗顔だけでなく身体じゅう当てはまることなのですが、
洗いすぎというのは肌によくありません。

清潔にするのはいいことだけど…

最近はそうでもないかもしれませんが、
ちょっと昔はとにかくきれいにするようにと
いろんなところで勧められましたので

それが肌にいいものだと思って
ついつい洗いすぎてしまうことがあります。

垢すりのように、肌をこするとどんどん垢が取れる気がして・・・
でもそれじつは、皮膚の一部を削り取っているのかもしれないんです。

それで、肌を傷めてしまうんですね。

皮脂の不足は「隙間だらけ」の肌を作る

まず、洗いすぎてしまうと、皮脂が不足してしまいます。

皮脂というのは、肌の表面にあってちょっとベタベタしてる
というだけでなく、角質の隙間を埋める働きもしています。

セラミドなど、細胞間脂質と呼ばれるものです。

これを落としすぎてしまうと、角質が隙間だらけになってしまいます。

そのままの状態だと、外部からの有害な物質がどんどん
肌の奥へ入ってきてしまいますし、内部の水分は
逃げ放題になってしまいます。

つまり、乾燥肌かつ敏感肌の状態になってしまうわけですね。

また、皮脂が不足することで逆に肌が過剰に皮脂を分泌し、
表面がベタベタになってしまい、かつ毛穴もつまってしまう
ということも起こります。

インナードライという状態ですね。

それ、垢じゃなくて角質では?

さらに、力をこめてごしごし洗ってしまうと、
上述したように皮膚の一部、つまり角質層を
削り取ってしまうことになります。

角質も上記の皮脂とともに肌のバリア機能を
担っているものですので、これを削り取ってしまうと、
乾燥肌・敏感肌はさらに深刻化してしまいます。

なので、角質も大事にしていかなければならないんです。

そのためには、洗顔で洗いすぎないことが大事になってきます。

洗い上がりを観察して、自分にとっての「適度」をみつける

ただこれ、人によって肌質は違いますので、
どれくらい洗えば適切なのかは一概に言えないんですよね。

洗い上がりの肌の状態をチェックしつつ、
どれくらいが自分にとって適切な洗顔なのかを
見極めていく必要があります。

洗顔後の目安としては、
さっぱりした感じにはなりながらも
肌がつっぱる感じはしない、というのが
理想的な洗い上がりでしょう。

洗顔後につっぱる感じがする、
さらにかゆみや痛みすら感じると言う場合は
洗いすぎだと思ったほうがよさそうです。

さらにその前提として、
自分の肌に合う石鹸や洗顔料を選ぶことも大事ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする