界面活性剤の種類と毒性

界面活性剤には天然のものと、合成界面活性剤があって、
合成界面活性剤には毒性があるなんていわれることもありますが・・・

はたしてどうなのでしょうか?

今回はそれについてお話していこうと思います。

天然界面活性剤

まず、天然の界面活性剤としては、
たまごに含まれているレシチンとか、
大豆に含まれているサポニンなどがあります。

これらは食べ物でもありますので、安全性は高いといえるでしょう。

次に、天然界面活性剤に似ているけど異なるものがあります。

似て非なるもの

それが天然系界面活性剤です。「」という字が入っただけですね。
でもこの場合は、原料がいわゆる天然のものということで
それを化学的に処理して作ったものです。

たとえば肌に優しいといわれる固形石鹸がそうですね。
同様に、肌に優しいといわれるアミノ酸系の界面活性剤もそうです。

シャンプーなどでよく見かけるラウリル硫酸ナトリウムや
ラウレス硫酸ナトリウムなど、高級アルコール系界面活性剤もそうです。

石油系界面活性剤

あとはよく「危険」だといわれる石油系界面活性剤ですね。
合成界面活性剤とも呼ばれるものです。
石油化学製品だから肌に悪いだろうと漠然と思ってしまうわけですが・・・

これに当てはまるものとしてアルキルベンゼン系界面活性剤があります。
ただこれ、洗濯用洗剤などに用いるものですので
シャンプーや洗顔用に入っていたりはしません。

さて、ここからが大事です。

どちらにも当てはまるもの

天然系に分類されると書きました高級アルコール系界面活性剤ですが
石油系に分類することもできるんです。

なぜそんなことになるのかというと、

高級アルコール系界面活性剤の代表である
ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムは
ヤシ油を原料に作ることができます。

ヤシの実から作られるのなら、なんだか安全という気がしますよね。
ところがこれ、石油からも作れるんです。

なので「石油系界面活性剤」だから危険、
ということはいえないんですね。

原料が植物だろうが石油だろうが、同じものができるのだから。

巧妙な宣伝

たとえば、

「石油系界面活性剤は用いていません」
「植物由来成分のみ用いています」

と宣伝していても、
ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムが
用いられている場合があります。

この宣伝は嘘ではありません。

嘘ではありませんが、これを見て、
「安全なんだ」と思って、他より高いお金を払って
買う意味があるでしょうか?

かつてそれで、意図的に消費者を騙した業者もあるそうです。

「石油系は危険ですよ」
「当社のものは植物由来だから安全ですよ」

と言って、高く売りつけるわけです。
でも使われている成分は同じというオチですね。

そして。

アミノ酸系さえも

話は高級アルコール系界面活性剤だけに限らないんです。

「肌に優しい」と信じられているアミノ酸系界面活性剤すら
石油を原料に作ることができるんです。

なのでもう天然系か石油系かという分類には
意味がないと思ったほうがいいでしょう。

界面活性剤の毒性

ではシャンプーなどでよく用いられる
高級アルコール系界面活性剤は毒性があるのかというと

もちろん飲んでしまってはダメですが、
正しい用い方をする限り毒性の心配はありません。

これについては既に、日本でもアメリカでも
研究結果として出ています。

どうしても心配であれば、
昔の人のように卵の白身など、純粋に天然のものを
使うしかなさそうです。

それにしても卵アレルギーの人にとっては
毒に等しい作用をしてしまいますけどね。

ただ。

毒性のあるなしと「自分の肌に合うかどうか」は
別の話ですので、そこは慎重にテストする必要はあります。

どんな石鹸や洗顔料、化粧品でも、
初めてのものをいきなり本格使用するのはNGです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする