界面活性剤入り化粧品は危険?

化粧品の成分に気を使う人で、
界面活性剤が有害物質だと信じている人もいるようです。

でも、界面活性剤とは何かということを知れば
その考えも変わるのではないでしょうか。

界面活性剤とは何か

界面活性剤の「界面」とは、
物と物との境目と思っておけばいいでしょう。

たとえば水と油の境目。これも界面です。

で、界面を活性化させるなんて言葉のせいで
わかりにくくなっていますが、要するに界面活性剤というのは
この境目、「壁」を壊す働きをします。

そして二つの物質が混じりあいやすい状態を作ります。

厳密には、溶け合っているわけではなく
細かい粒となって混じりあっているのですけどね。

ということで界面活性剤によって
水と油を混ぜることができます。

化粧品に界面活性剤は不可欠

となりますと、化粧品には水分も油分も使われているわけですから
界面活性剤を用いなければ成分が分離してしまうことになります。

上半分に油が浮いているような美容液は使いたくありませんよね。^^;
しっかり混ぜるために界面活性剤は必要です。

また、肌に浸透させるためにも必要です。

肌は皮脂で守られていますので、界面活性剤の助けがなければ
水に溶けやすい「親水性」の美容成分は
全部皮脂にはじかれてしまいます。

その点でも界面活性剤は必要不可欠です。

また洗顔料や石鹸も美容には欠かせませんが
これなどは界面活性剤そのものといっていいでしょう。

界面活性剤の力がなければ、皮脂と混ざって肌についている
汚れを、水で洗い流すことはできません。

石鹸は最古の界面活性剤といわれていますからね。

食品にも用いられている

また、化粧品ではありませんが、
界面活性剤は食品にも用いられています。

食品の場合は「乳化剤」という名前で呼びますが
これも界面活性剤であることに変わりはありません。

たとえばマヨネーズのように酢と油が混ざっているのは
乳化剤のおかげですし、コーヒーフレッシュが
コーヒーに混ざるのも同じですね。

ということですので界面活性剤だから危険というわけではないんです。

問題は、界面活性剤の中に、
肌への刺激が強いものとそうでないものがあるということなんですね。

なので化粧品を選ぶときは、
肌への刺激が強い界面活性剤が使われているものを
避けるということが大事になってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする