全ブランド腕時計の格付け番付ランキング~昭和天皇陛下は世界三大高級時計ブランドを?

ブランド腕時計について、興味深い図がありましたので、それを少しわかりやすくなるよう加工してみました。

こちらです。

udedokei-ranking

(クリックすると拡大します)

元の図はこちらにあります。

http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/46402542.html

さて、加工済みの図ですが、縦軸に「高級度」つまり価格ですね、お値段。これを1点から4点まで分けました。

そして横軸にブランド力、これが1点から5点まで。

で、縦軸と横軸の点、つまり高級度とブランド力の点を合計して、格付けを作ってみましょうということです。

ちなみにブランド力というのは、「人気、実力、知名度の総合評価を表す」と書いてありますね。

「実力」というのが何を持って実力と言っているのかわかりませんが、ブランドの歴史とか技術力とかいったものなのでしょう。

ということで早速、ブランド時計番付を上から順に見ていきましょう。

ブランド腕時計番付

9点【横綱】

パテックフィリップ
ヴァシュロン・コンスタンタン(バセロンコンスタンチン)
オーデマピゲ(オドマールピゲ)
A.ランゲ&ゾーネ(ランゲウントゼーネ)
ブレゲ

8点【大関】

カルティエ
ロレックス
ジャガー・ルクルト
ブライトリング
ウブロ

7点【関脇】

オメガ
タグホイヤー
ロジェ・デュブイ
パネライ
フランク・ミュラー
ジラール・ペルゴ
IWC
ゼニス
ブルガリ
グランドセイコー

6点【小結】

グラスヒュッテ・オリジナル
ルイヴィトン
ショパール
モンブラン
チュードル
ロンジン
セイコー
クロノスイス
ラルフローレン
ジャンリシャール
ポールウォッチ
シチズン
オリス

5点【前頭】

シャネル
グラハム
ベル&ロス
ボーム&メルシエ
シャウボーグウォッチ
グッチ
ジン
ハミルトン
エドックス

4点【十両】

モーリス・ラクロア
エルメス
ディオール
メカニケ・ヴェローチ
シャリオール
カールF.ブヘラ
クエルボ・イ・ソブリノス
エベラール
ルイ・エラール
ペルレ
チュチマ
ラドー
カシオ
グライシン
フォルティス
フレデリック・コンスタント
ノモス
ティソ
カルバン・クラインウォッチ

ブランド力なんて買う人による

さて。

上記番付は、点数を大雑把に分けているので、境界領域に位置するブランドは「これもっと上なんじゃないの?」と思えるものもあるかもしれません。

そこはもう、「自分の価値観」「思い入れ」で1階級昇進させてもいいと思います。^^

まあ少なくとも横軸の「ブランド力」に関しては、買う人によって大きく変わるものでしょう。

シャネルとかルイ・ヴィトンは図の真ん中あたりに来ていますが、ファンからすれば、

「いやいや、ブランド力は最高でしょう」

となっても別におかしくありません。

値段の割に「すごい」と思われやすい時計は?

「あんまり予算はないけど、人から『すごい』と思われるようなブランド時計がほしい!」
という場合は、ブランド力がなるべく高く、その割にお値段はリーズナブル、というのを選べば良さそうです。

そういう目で見ると、オメガやタグ・ホイヤーは狙い目ということになります。

意外な点としては、日本ではブランド時計として最も有名であると思われる「ロレックス」も、「最高峰」ではないということですね。

図を見るとロレックスも意外に、「リーズナブルな割にいい時計だよね~」というグループに入りそうです。

まあ、本当のお金持ちから見るとそうなんでしょう。^^;

最高峰ブランド

ということで最高峰に位置するブランド時計についてちょっと調べてみましょう。

この5つ。

パテックフィリップ
ヴァシュロン・コンスタンタン
オーデマピゲ
A.ランゲ&ゾーネ
ブレゲ

まずパテックフィリップですけど、これ、ブランド腕時計の最高峰と言われているにも関わらず、時計好きの人でもない限り知らないブランドです。

まあ、他の4つもそうかもしれませんけど。^^;

要するに「高すぎ」て、視野の外に置かれることが多いということですね。

パテックフィリップ

パテックフィリップの腕時計は、ヴァシュロンコンスタンタンとともに、昭和天皇陛下がお持ちになっていたと言われていて、とすれば、今上天皇陛下もお持ちになっているのではないかと思われます。

なぜなら天皇家は、「壊れたら修理をして、どうしても使えなくなるまで使い続ける」というご家風だそうですので。

パテックフィリップにはパテックフィリップシール(PPシール)」、「PP」というロゴですね、これが刻印されているのですが、昔は「ジュネーブ・シール」が刻印されていました。

ジュネーブシールというのはスイス政府とジュネーブ州が「最高級スイス時計」と認めた証明なんです。

ところがそのジュネーブシール時計の中でもパテックフィリップは「別格」だということで2009年に「パテックフィリップシール」というのを作ってしまったんです。

「作ってしまった」というのは・・・自社で作ってしまったんです。^^;

まさに自画自賛といったところですが、それでも誰もが認めてしまうというところにパテックフィリップのすごさがあります。

天皇陛下がお持ちになっている時計

パテックフィリップと言っても色々なモデルがあるわけですが、天皇陛下がお使いのモデルはどれなのかと・・・気になりますよね。

で、こちらのページによると・・・・

天皇陛下はどのモデル?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1143935916

「カラトラバ」をお使いになっているのではないかとのこと。

カラトラバはパテックフィリップの基本モデルと言っていいものです。

その最初の型番が「Ref.96」なので、カラトラバのなかでも下二桁が「96」のものは「クンロク」とか「キュウロク」と呼ばれて人気が高いです。

楽天市場で販売中のカラトラバ一覧

中古品だと100万円前後のものが多いですね。

世界三大高級時計ブランド

最高峰5ブランドの中で、パテックフィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマピゲの3つは「世界三大高級時計ブランド」と言われています。

3つともスイスのブランドです。

A.ランゲ&ゾーネはドイツ、ブレゲはフランスのブランドなので、「三大」に入れてもらえなかったのかもしれません。やはり「スイス」自体が時計ブランドとして大きな力があるのでしょう。

世界最古の腕時計メーカー

最高峰5ブランドの中で、最も古いのはヴァシュロンコンスタンタンです。世界最古の時計メーカーということになっています。こちらは「マルタ十字」がロゴになっているところですね。

創業は1755年なので、日本で言えば江戸時代中期です。そんな昔から時計を作り続けているというわけです。

昭和天皇陛下もヴァシュロンコンスタンタンをお持ちだったとは上で書きましたが、最近では野球選手のイチローさんも持っているということで有名になりました。

ちなみに、パテックフィリップカラトラバのライバルとも言えるヴァシュロン・コンスタンタンのモデルは、パトリモニーということになるでしょう。

楽天市場で販売中のパトリモニー一覧

イチロー選手が購入したのは、ヴァシュロン・コンスタンタンの「オーバーシーズ49150」というモデルです。

楽天市場で販売中のオーバーシーズ一覧

その他、創業年を調べてみますと、パテックフィリップは1839年なので、ヴァシュロン・コンスタンタンよりはるかに新しいですね。

また、オーデマ・ピゲは1875年ランゲ・アンド・ゾーネは1845年ブレゲは1775年となっています。

ちなみに我らがセイコー、服部時計店は1881年ですが、当初は時計の製造は行っていませんでした。でも、クォーツ腕時計を作ったのは、セイコーが世界で最初なんですよね。

フランスのブレゲは1775年で古いのですけど・・・1775年というとフランス革命の14年前ですね。

ということでブレゲの時計は、あのマリーアントワネットナポレオン・ボナパルトも使ったと言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする