スピリチュアルなクリアリング(自己浄化、ブロック外し)のやり方~引き寄せのポイント? 潜在意識を味方につける

なぜクリアリングが引き寄せのポイントになるのかというと、ネガティブな感情が心に充満していては引き寄せの邪魔になってしまう・・・というかネガティブなものを引き寄せてしまいかねないからです。

良き引き寄せの邪魔

ネガティブな感情がネガティブな思考を呼び、ネガティブな思考がネガティブな感情を強化する・・・

という負のスパイラルができると、そちらの方向で引き寄せが働いて何の不思議もありません。

だから最初の「ネガティブな感情」のところでクリアリングをしておきたいわけです。

ということでまずその方法を見ていきましょう。

「引き寄せメソッドで人生どん底からの脱出!!: 目覚めるまでの21Days~スピリチュアル&引き寄せの法則」

というKindle本で紹介されていた方法で、単純で実践しやすいので私も非常に納得の行った方法です。

クリアリングのやり方は単純

たった4ステップで説明することができます。

①ネガティブな感情が起こる
②その感情の「感覚」をとらえて胸に持ってくる
③その感情を「感覚」としてひたすら観察する
④ネガティブな感情が消える

これだけです。

まず、どんな人だってネガティブな感情が起こることは避けられないでしょう。

お釈迦様だって

「二の矢は受けず」

と仰っています。

お釈迦様でも「一の矢」は受けてしまうことがある、つまり最初のネガティブな感情は起こってしまうことがある、ということです。

でも大事なのはその後。

二の矢は受けず

そのネガティブな感情について、あれこれ考えを巡らせてしまうと「二の矢」どころか「三の矢」「四の矢」と、次々と受けてしまうことになります。

つまり上に書いた「負のスパイラル」にはまり込んでいきます。

そこで大事なのが②の段階。

感情を「感覚」として捉えます。

ネガティブな感情が起こったときには、その感情を身体的な感覚としても味わっているはずです。

感情によって「重い感じ」「しめつけられるような感じ」「爆発しそうな感じ」、いろいろあるでしょう。

そういう「身体の感覚」として感情を捉えます感情と一体化してしまうのではなく、自分とは別の「対象」としてしまうわけですね。

そうすることで思考の泥沼にはまりこんでいくことを防ぎます。

勝手に消える

だから大事なのは単純に感覚としてとらえることで、それについてあれこれ思考を巡らせてはいけないということです。

その感覚は別に、言葉にできなくでもかまいません。

「なんか嫌な感じ」

そんな程度で構いません。

そうして、感覚として捉えた上で、それを自分の胸に持ってきて、その感覚をひたすら観察します。

ここではその「嫌な感じ」を消そうとするわけでもなく、ひたすら観察です。

「ああ、こういう感じがあるな、こういう感じなんだな」

と、それだけです。

そうして観察していると・・・何事も「不変」なんてものはありませんので、その「嫌な感じ」も観察しているうちに次第に薄れ、そして消えてしまいます

これでクリアリングは終了です。

このクリアリングを、何かネガティブな感情が巻き起こるたびに実践すればいいんです。

そうすることで徐々に心を綺麗にしていくことができます。

心がクリアになるにつれて、「良き引き寄せ」もやりやすくなっていきます。

クリアリングのチャンス!

なにかネガティブな感情が出るたびに

「ああ、まだこんな感情があるのか・・・」

なんて、自分を責める必要はありません

むしろ

「よし、クリアリングの対象発見! これでまたきれいにできる!」

と喜んで(笑)クリアリングしてしまいましょう。

「クリアリングのチャンス!」

と思うくらいでいいと思います。^^

一体化するのではなく対象化する

あの、よくブロック外しとかで

「感情は感じつくしましょう」

なんて言われますけど、それは上記のような手順で進めるべきことなんです。

それを聞いて、

「じゃあ怒りを感じたときは怒りまくればいいの?」

と思うかもしれませんが、それでは怒りが強化されてしまうでしょう。

「感情を感じ尽くす」とは、けっしてネガティブな感情と一体化してしまうことではありません。あくまで「観察対象」にしてしまって観察し尽くすということ。

ただただ感じるだけで、その感情に対して「思考」しないこと。「消してやる」とも思わないこと。

それだけのことです。

本来の豊かさが現れるようになる

crispyさんという方が、こちらの記事でもお書きになっています。

津留晃一さん前編

津留さんを訪ねて以降、私は長い長い自己観察とブロック外しの作業が始まります。
浄化の旅です。
「目の前に集中して生きる。今この瞬間だけに生きる。」
一瞬も逃さず、想念、感情を観察する。
ただ観察して気付くだけ、変えようとしない。
観察するとはそこに意識を向ける事。意識を向けるとはそこ(その価値観やマイナスの感情)に光が照射されるということ。
その瞬間から浄化が始まります。
浄化によって人はしあわせになっていきます。
幸せになろうと外側をいじくらずに、です。
本来の豊かさが、「起きてくる」のです。

「ただ観察して気付くだけ、変えようとしない」
「その瞬間から浄化が始まります」

で。

さらに大事なことが書かれていますね。

浄化によって、私たちが持つ本来の豊かさが「起きてくる」と。

そもそも私たちは無限の存在なのだから、無限の豊かさを持っているんです。

ガネーシャ天に関する本でもありましたけど・・・

ガネーシャ天からガチで聞き出した成功法則(真仙明、富貴出版)のレビューと感想

私たちの本質は無限に豊かな存在なのだから、ネガティブな感情や思考で邪魔さえしなければ自然に「この世界」に豊かさを実現できるんです。

「引き寄せ」というと、なにか自分以外の別の場所から引き寄せるように誤解してしまいがちですが、実は「引き寄せ」ているのではなく、自分の中から豊かさを「引き出す」ということなんです。

だから「引き寄せ」=「引き出し」をうまく進めるためには、クリアリングによって邪魔なものを掃除する、というのが効果的ということになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする