自分を愛すると引き寄せもうまくいく~スピリチュアルな理由があった

いや、当たり前かもしれませんけど。^^;

「引き寄せがうまくできない」という人は、「自分を愛する」ということをしていないことがほとんどです。

引き寄せがうまくいかない理由はだいたいそれです。

自分を愛していなくても引き寄せは働いている

逆から見ると、「うまくいっている」ともいえます。つまり「自分を愛していない」にふさわしい状況が引き寄せられているということ。

だってそうですよね。

自分を愛していないとしたら・・・自分が苦しむような状況を引き寄せてしまってもおかしくありません。

自分をことあるごとに否定しているのに、「この世界」的に幸せな状況を引き寄せようとしても・・・

自分で自分を否定して「その幸せに私はふさわしくない」と心の奥底で思ってしまうわけだから・・・なかなか引き寄せがうまくいかない、ということになります。

ということは・・・ということは?

「自分を愛する」ということが、引き寄せの原点にあるということになります。

自分を愛することができれば・・・愛する自分にふさわしい幸せな状況を引き寄せることも簡単になることでしょう。

このことをスピリチュアルに説明してみると・・・

スピリチュアルな説明

まず私たちは、みんなつながっている、神様や仏様などと呼ばれるような「すごい何か」ともつながっているというのが大前提です。

私たちの魂はそこから生まれてきたということ。

「One for all,All for one(ワンフォーオール、オールフォーワン)」の由来と本当の意味

いわばみんな「神の子」「仏の子」であるということ。

だから、普通にしていれば、そういうあらゆる存在から助けられている状態なんです。

「幸せ」「安心」「豊か」なのが普通の状態。

なのにそれがうまくいかないというのは・・・自分からそれを拒絶しているということです。

それはつまり自分を愛していないからなんですよね。

神様が

「いつでも助けるよ! いやいつでも助けてるよ!」

と仰ってくださっているのに

「いえいえ私なんかにそんな価値は…」

と自分で自分を否定してしまう。そうしていろいろな援助を自ら遮断してしまう。

これが自分を愛していないということですね。

それから。

スピリチュアル以外での説明

自分を愛していないとうまくいかないというのは、スピリチュアルな領域以外でもいろいろと見出すことができます。

たとえば人間関係。

自分を愛していない人は自分を否定することが多いです。つまり自分に厳しい

こういう人は、他人に対しても厳しいことが多くて、そうなると人間関係がなかなかうまくいかないということになります。

自分に厳しく他人に優しいってね、それは稀なことです。そういう人がいたら拝むといいと思います。

また、自分を愛していない人は、人の好意を素直に受け取れないことが多いです。

そうなるとこれも、人間関係がうまく行かなくなったり、あるいは援助を自ら拒絶してしまったりということになりますね。

スピリチュアルな領域以外でも・・・やっぱりうまくいかない。

それほどに、「自分を愛する」ということは大事なんです。

だから今この瞬間から自分を愛してください。^^

「いやそんなこと急に言われても・・・」

と思いました?(笑)

「どうすれば自分を愛せるのよ!」

って?

自分を愛する方法

それにはいろいろあると思いますけど、まずは自分を否定したり自虐的になったりするのは慎むことですね。

「謙譲の美徳」

なんて言葉がありますが、それは既に人生大成功している人だけです。

ただでさえ苦しんでいるのに、さらに押し下げるようなことをしてはいけません。

だから誰がなんと言おうと自分は自分を肯定してあげましょう。つねにほめるほめるほめるほめるほめる!

それからね。

自分自身に

「愛してる」

って言ってあげるといいです。

え? おかしい?

はい、まあ・・・人が見ているところではやらないほうがいいですね。(笑)

でも、人がいないところではどんどん言うといいです。声に出してね。大声で言って人に聞かれるとあれなので小声でいいですが。(笑)

それからですね。

自分を3つに分ける

自分を3つくらいに分けるといいです。

え?って思いました?(笑)

別に、多重人格になれというわけではありませんよ。

自分1…大いなる私
自分2…小さな私
自分3…肉体

このように分けます。

「大いなる私」というのは・・・まあ完全にそれになることは難しいですけど、それになりきるということです。

つまり本来の姿である「神の子」としての私、それになりきる。これが自分1。

「小さな私」というのは、普通の人が通常「これが自分の心」と思っているものです。

つまり肉体の中にあって、肉体に制限されている私。だから時にはネガティブにもなる私です。これが自分2。

肉体というのは・・・肉体です。(笑)

肉体は、この宇宙から借りた物質によってできていますが、借り物であっても、「この人生」の間は自分の一部ということで「自分3」と呼びます。

それでね。

「自分を愛する」という場合。

自分1から自分2、自分3に向けて「愛してるよ」「感謝してるよ」と言ってあげるということです。

何か、自己否定的な考えが浮かんだら、それは自分2が不調ということなので、あなたは自分1になりきって

「大丈夫だよ、あなたはそのままで100%の価値があるんだよ」
「すべてから愛されてるんだよ」
「愛してるよ」

と言ってあげる。

自分3に対しても、「肉体さん、私の人生に協力してくれてありがとう」と毎日言ってあげる。

そうすると、いろいろなことがうまく行き始めます。

自分2に何か名前をつけるのも良い方法です。できれば異性の名前がいいですかね。だってそのほうが「愛してる」って言いやすいでしょ?(笑)

いや、そうじゃないひとはそうじゃなくていいんですよ。

自分の好きな名前をつけてください。^^

以上が「自分を愛するコツ」です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする