0SIM by So-net(nuroモバイルの無料SIM)申し込みしてみた~使い方は簡単、速度も満足、でも取り付けが…

今使ってるタブレットは、WiFiのみで使っていたんですけど、それだけだとやっぱり不便なこともあるんですよね。

それで、WiFiじゃない普通の接続、モバイルデータ通信というのでしょうか、それもできるようにしておきたいと思ったんです。

でも、めったに使わないから、月々定額料金を払うのはもったいないかなと・・・

ほぼWi-Fiしか使わない私にピッタリ

思っていたところ、みつけたのが「0SIM」というやつですね。So-net、Sony Network Communicationsのサービスです。どうでもいいことだけど、ソネットって、ソニーだったんですね。^^;

で、0SIMというのは無料SIMなんですけど、完全無料ではなくて、1ヶ月あたり500MBまでデータ量なら無料、というもの。

これってほぼWiFiしか使わない私にピッタリのサービスじゃないですか!

それに、タイミングの良いことに、2016年12月から毎日申し込みできるようになったようです。これまでは「0」のつく日にしか申し込みできなかったんですけど・・・

ということで申し込んでみることにしました。

http://mobile.nuro.jp/0sim/

プランは3つ

まず0SIM by So-netのプランですけど、

データ専用プラン
データ+SMSプラン
データ+音声プラン

と、3つありますよね。私はデータ専用プランで十分インターネットとゲームにしか使わないですからね。^^

ちなみに、「0SIM」といえるのはこの「データ専用プラン」だけですね。残りの2つのプランは少額とはいえ毎月基本料金的なものがかかります。

SMSプランの方は150円で、音声プランの方は700円です。

お金がかかる部分は?通信速度は?

あと、データ専用プランであっても初期費用(登録事務手数料)として3394円かかります。

で、月に500MBを超えてしまったらどうなるのかというと・・・

2GBに達するまでは、100MBごとにプラス100円となっています。つまり月に600MB使うと、料金は100円ということになりますね。

「550MBだとどうなるの?」

って思っちゃいますけど、これはおそらく、500MBを超えて600MB以下だとプラス100円という意味でしょう。つまり501MBでもプラス100円になると考えられます。

では2GBを超えるとどうなるのかというと定額で月額1600円となります。で、さらに5Gを超えてしまうと料金は1600円だけど速度制限がかかる、という仕組みです。

ちなみに通常時の速度ですけど、下りは最大で300Mbps、上りは50Mbpsとなっています。まあ下り10Mでも出れば、私としては御の字ですね。

あ、速度制限がかかると、ダイヤルアップ時代を思い出すことになるでしょう。(笑)

それで。

二日で届いた

上記のページから申し込もうとすると「1週間位かかりますよ」なんて言われますけど、実際は申し込んで二日もかからず届きました。

土曜日遅く・・・つまりもう日が変わって日曜日になっていたわけですが、それくらいの時間に申し込んで、クロネコヤマトで届いたのが月曜日の夕方です。

SIMカードのサイズは要チェック

で、上記ページの「申込みはこちら」的なアイコンをポチッとすると、まずサイズとプランの選択画面になります。

プランはデータ専用でいいとして、問題はサイズですね。これ、自分の端末機種にあったサイズを選ばないとダメです。

私のタブレットは、

ASUS MeMO Pad 7 ME572CL

なので、micro SIMというサイズでOKのようです。

次に規約とか説明書の画面です。

大事なことですが「お申し込みは、おひとりさま1件までとなります」だそうです。端末を複数持っている場合はちょっと不便ですね。

あとは住所氏名他の個人情報を記入、それからクレジットカード情報など入力ですね。それで申し込みは完了となります。

クレカを使えない、もしくは使いたくないという場合はVプリカでもよさそうですね。

Vプリカの使い方

ということで、申込みから2日未満で、クロネコヤマトで0SIMカードが届きました。

それで、困ったことが・・・

カードからカードをはずすのはどうすれば…

早速開封してみると、こういう感じでSIMカードが収まっているわけですよね。

0sim

はい。キャッシュカードみたいな大きさのプラスチック板の一部に0SIMカードがはまっている形。

これね・・・私、初めてですからね、どうやって取り外すのかと、小一時間悩みましたよ。^^;

だって、力ずくで取り外そうとしたら、壊れるんじゃないかって、心配じゃないですか。

で、結局どうしたかというと、ハサミでまわりのプラスチック板の部分を切り取ってしまいました。^^; この方法ならSIMカード自体には負荷はかかりません。

SIMカードの取り付け方

次に、タブレットにSIMカードを挿入しないといけないんですが・・・これも初めてなんですよね。

まずはタブレットの電源はオフにしましょう。

で、SIMカードを挿す場所ですけど、上記、私のタブレットの場合、タブレットの画面を上に向けて机に置いたとすると、

タブレットの右側面の下の方にある

とのことで・・・

はい、探してみたらありました。なんか小さい穴がある、差込口っぽい場所が。

sim-sashikomi

この小さい穴に、タブレット付属のピンを・・・なんかクリップみたいなピンですね、それをぐっと差し込みます

ぐっと差し込むと、SIM差込口からトレーの頭がぐぐっと出てきますので、それをつまんで引っ張り出せば、SIMを乗せるためのトレーが出てきます。

このトレーにですね、SIMカードを乗せるんですけど、SIMカードの金色の方を下面に向けて乗せます

ちょうど、SIMカードの角の一つが欠けてますので、その欠けたところをトレーの切欠き部分に合わせて乗せれば、ぴったりハマります

ぴったりハマったらあとは、そのトレーを元のタブレットの中に押し込むだけです。

SIMカード挿入後のタブレットの設定

しっかり元の位置まで押し込んだら、タブレットの電源をオンにします。

そうしてちゃんとネットにつながるかテストします。

まず、WiFiのほうはオフにしましょう。

「設定」の画面でWi-Fiはすぐにオフにできると思います。

そうしたら次に、「無線とネットワーク」の中の「もっと見る」というところをタップします。OSのバージョンによっては「その他」と表示されていることもあるようです。

次に、「モバイルネットワーク」をタップします。

モバイルネットワークの画面で、まずは「データ通信を有効にする」にチェックを入れます。

次に「アクセスポイント名」をタップします。

そうすると、「APN」の画面になって、いろいろなアクセスポイント名が表示されますので、その中から「So-net LTE」を選びます。

これでつながります。

つながった場合、画面上の通信状態を示すアイコンの部分に「H」と表示されます。機種によっては「4G」など表示が変わるようです。

以上で0SIM by So-netの設定は完了です。

テスト後は忘れずに…

これでブラウザを立ち上げたりゲームにつないだりして、正常に通信できるのが確認できたら、さっきの画面で、「データ通信を有効にする」のチェックを外しておきましょう

そうしないと、無駄にデータ通信を使ってしまうことになりますからね。あっというまに500MB超えてしまいそうです。^^;

データ通信を無効にしたら、Wi-Fiを「ON」に戻しておきましょう。