楽天で2000円引きでスマホを買った方法

アマゾンのKindleですね、これ、誤解している人も多いようなのでちょっと取り上げてみましょう。

まず、Kindleは全て有料だと思っている人もいますけど、それは誤解です。同様に、すべて無料ということもありません。

無料で使えるKindleリーダー

無料で使えるKindleは、

Kindle for PC
スマホまたはタブレット用アプリ

この2種類です。これらは無料でダウンロードできて、それでKindle本を読むことができます

「Kindle端末なんて高くて買えないよ!」

という人は、この無料バージョンでKindleを利用するといいと思います。

有料のKindle端末

じゃあ有料のKindleは何かというと、

Fireタブレット
Kindle専用端末(無印、Paperwhite、Voyage、Oasis)

ということになります。

この中で一番安いのは、無印のKindle専用端末ですね。9千円弱。

Fireタブレット:10980円
無印Kindle:8980円
Kindle Paperwhite:14280円
同マンガモデル:16280円
Kindle Voyage:23980円
Kindle Oasis:35980円

で、どれもプライム会員になると4000円安くなります

FireタブレットとKindle端末の違い

FireタブレットとKindle専用端末の違いは何かというと、Fireのほうは名前の通り、タブレットとして使うことができます。ネットできたり、ゲームできたりということですね。

それに対して、Kindle専用端末は、その名の通りKindle専用です。読書専用

なので、Kindle専用端末のほうが「目に優しい」作りとなっています。

具体的には、Kindleには「e-ink(電子ペーパー、電子インク)」が用いられていて、紙に印刷されたものと同じ感覚で読むことができます。

それに対してFireはタブレットなので、バックライト方式の液晶で、これで長時間読書すると目が疲れます。^^;

Kindle専用端末がFireと違う点をまとめると、

読書専用
目に優しい

ということになりますね。

Kindle専用端末の比較

次に、Kindle専用端末の比較をしておきましょう。

無印Kindle:8980円
Kindle Paperwhite:14280円
同マンガモデル:16280円
Kindle Voyage:23980円
Kindle Oasis:35980円

この5種類。

無印Kindleはなぜ安いのか

まず、一番安い無印ですが、この無印のみ、ほかと比べて解像度が低いです。^^; それからライトも内蔵されておりません。また無料3Gも使えません

つまり無印のみ・・・機能制限が多いということ。値段のやすさだけが取り柄です。

無料3Gというのは、簡単に言えば、屋外でもKindle書籍をダウンロードできるということです。

これWi-Fiのみだと、Wi-Fiが使える自宅とか、お店とかでなければ、書籍をダウンロードできないということになります。

どうせなら、「どこでもダウンロード」できる方がうれしいですよね。だから個人的には、無料3Gは重視したいところ。

ちなみにKindle Paperwhiteマンガモデルも、Wi-Fiのみです。マンガの場合、「絵」ですので、データ量が多くなる関係で無料3Gは提供できないのでしょう。

でも、「とにかく安いのがいい!」という人は、無印Kindleを、プライム会員割引で買うのがいいのでしょうね。

Paperwhite、マンガモデル、Voyage、Oasisの違い

じゃあ残り4つのキンドルの違いは何かと。

Kindle Paperwhite:14280円
同マンガモデル:16280円
Kindle Voyage:23980円
Kindle Oasis:35980円

マンガモデル

マンガモデルは基本的にPaperwhiteなのですけど、「漫画を読む」ことに合わせて少し機能が変えられています。

普通のPaperwhiteは内部ストレージが4GBなのですがマンガモデルは32GBです。これは単純に、絵であるマンガのほうがデータ量が多いからです。

あとは、ページをめくった際の切替速度も若干速くなっています

値段が上がると変わる点

じゃあVoyageとOasisは何が違うのかというと、この2つは、タッチパネルだけでなく、本体にも「ページめくりボタン」がついています。

それからLEDライトもPaperwhiteより多いです。

無印:0個
Paperwhite:4個
マンガモデル:4個
Voyage:6個
Oasis:10個

となっています。まあ「だから何?」と思ってしまわないでもないですが。

その他の違いは重さです:

無印:161g
Paperwhite:217g
マンガモデル:205g
Voyage:188g
Oasis:133g

Oasisのみ突出して軽い印象ですね。長時間の読書を考えると、メリットは大きいかもしれません。高いけど。^^;

ちなみに、Paperwhite、Voyage、OasisはWi-Fiのみバージョンを選ぶと少しだけ軽くなりますが、それだと大きなメリットを捨ててしまうことになりますね。

違いのまとめ

ということで無印以外のPaperwhite、Voyage、Oasisの違いをまとめると、

・高いほどLEDライトが多い
・高いほど軽い
・高い方2つにはページめくりボタンがある

ということになります。

さて。

Kindleの使い方

Kindleを利用できる環境が整ったということで、次は、Kindleの利用法ということになりますね。

Kindleの使い方には、三段階の利用法があります。

第1段階:普通に買う

まず、普通にKindle本を購入してダウンロードして読むという方法ですね。

買いたいと思っている本をアマゾンで検索すると、検索結果として書籍がいくつが出てきますが、Kindleで買える場合は

「Kindle版」

と書いてありますのでそこをクリックします。

すると、Kindle版が購入できる画面に移りますので、そこで

「1-Clickで今すぐ買う」

をクリックすれば、購入できます。

ちなみに、検索結果自体に「1-Clickで今すぐ買う」が表示されていることもありますので、そこからでも買えます。

ちなみに、この段階でも「無料」で読めるKindle本はいくつかあります。「吾輩は猫である」とか、昔の名作が無料になっていることが多いようです。

購入したあとは、Kindleアプリまたは端末にダウンロードして読むことになります。

これはKindleを起動させれば購入した書籍が表示されますので、それをクリックすればダウンロードすることができます。

次。

第2段階:月1冊無料「Kindleオーナーライブラリー」

第2段階としては、「プライム会員」になってKindleを利用する、という方法があります。

これは何が得かというと、プライム会員になれば「Kindleオーナーライブラリー」というのに登録されている書籍に関しては、月に1冊無料で読むことができます

プライム会員の会費は年間3900円ですので、送料無料になるものがあったり、配送が速かったりというメリットを考えればお得だと思います。

第3段階:読み放題「Kindle Unlimited」

Kindle利用法第3段階は、「Kindle Unlimited」を利用することです。「キンドル無制限!」(笑)

これは、プライム会員とはまた別のもので、月額980円を払えば「Kindle Unlimited」に登録されている書籍は「読み放題」ということになります。

端末に登録できる「Kindle Unlimited」書籍は10冊までですが、もちろんいくらでも入れ替えることができますし、一度削除した書籍も、またダウンロードして読むことができます。

現在登録されている書籍の数はこの通り・・・

Kindle Unlimited 読み放題タイトル

非常に多いですね。^^;

個人的には、懐かしのマンガが無料で読めたりするのが嬉しいです。

子供の頃、中途半端にしか読めなかったマンガを「一気読み」できるのは楽しいですよ。^^

Kindle無料書籍の3パターン

ちょっと混乱したかもしれないので、最後に、「Kindle無料書籍」のパターンをまとめておきましょう。

・完全に無料(昔の名作などが多い)
・プライム会員の月1冊無料
・アンリミテッド会員の読み放題

この3パターンとなります。

プライムとアンリミテッドは、会費が必要なので完全無料ではありませんが、コスパは大きいと思います。

特に読書好きなら「Kindle Unlimited」を試してみる価値は大いにあります。初月無料ですので。

 

 

このような記事も読まれています